- 番外編 -



- 猫花園
- 猫舗茶坊
- 極簡 Cafe
- 院子 cafe
- 品客經典
- Bistro O
- Cafe OSO
- Swift's Place
- 蘇格拉底 猫哥二手書店
- Wow-Meow-Cafe
- DoDo Cozy Home
- Nest Cafe
+ 猫カフェとは?
- 猫カフェコレクション
+ 猫カフェツアー
+ 猫カフェ店員密着レポート
+ プレゼント
HOME
※2006年5月現在、Wow〜Meow〜Cafeは2階のカフェ部分は閉店しております。1Fのショップ部分はより充実の品揃えで展開中。2匹のスコティッシュフォールドは現在オーナーのお家でお休み中です。
猫カフェが元猫カフェに・・・

 毛並みの美しい、ふっさーらなスコティッシュフォールド2匹と出会えるのが、こちらWow〜Meow〜Cafe。「2003台北猫パラダイス」でご紹介した猫グッズがいっぱいの「Meow Museum」の姉妹店として、MRT士林駅前の絶好の立地に2003年にオープンしました。

  当初は、1〜2階まで犬&猫カフェだったのですが、現在では、1階部分には犬と猫を中心に、カエルやイルカなどをモチーフにしたアニマルグッズが店内を覆いつくしています。カフェ部分は2階のみで、オーダーは1階のショップカウンターにて行います。猫グッズや犬グッズのあまりの反響のよさに、カフェ部分もどんどんショップに侵食されている模様・・・。



行くなら猫アワー狙い!

 さて、お目当ての美猫2匹は、今でも1階のガラスで区切られた猫スペースで優雅に寛いでいます。しかし、毎日14:00〜16:00と20:00〜22:00は、待望の猫アワー!猫スペースから自由に外に出られるようになり、小小(シャオシャオ)と小胖(シャオパン)は、お客さんに愛想をふりまきつつ、気ままに店内をお散歩。

  はっと気づくと、床に置いたバッグの上で、シャオシャオがこれ幸いとばかりに、お腹をだして毛づくろい。そんなに可愛い顔でリラックスされていると、下敷きになっているバッグも取れないってもんです。ちょっと疲れたオヤジ顔のシャオパンは、営業部長よろしくお客さんにスリスリと寄ってきます。ひとしきりスリスリが終わると、どでーんと横たわり、大きなお腹を披露してくれるのがたまりません。



無料無線LANでまったり

 以前は2階のカフェ部分にも猫達は自由に出入りしていましたが、ある日ベランダから外の看板をつたい、部屋に戻れなくなってしまった小胖(シャオパン)を救出するのに大変だったそうで、今では2階のカフェ部分には出入り禁止なのだそう。

  残念ながらコーヒーを飲みながらまったりと猫と寛ぐのは無理ですが、あふれんばかりの猫グッズを物色しながら、猫と戯れることは可能です。ちなみに2階カフェには無線LAN完備(無料)ですので、ノートブック片手に猫アワーを待つのも手ですよ。
 



【汪汪●●Cafe】
Wow〜Meow〜Cafe
住所:台北市中正路235巷30號
電話:(02)2881-0477
営業時間:月〜土/ 12:30〜22:30 日/11:30〜21:30
定休日:なし
最低消費:80元
交通:MRT士林駅から徒歩約1分

【おすすめメニュー】

●●香草珈琲「■瑰珈琲」(バラコーヒー):100元、提拉米蘇(ティラミス):90元


汪汪下午茶(アフタヌーンティーセット):130元
※例:大理石起司(マーブルチーズケーキ):90元+アイスティー


●●熱果茶「清秀金吉拉」(特製フルーツハーブティー「チンチラ」):90元

※アフタヌーンティーセット(スイーツ+コーヒーor紅茶):130元
※アフタヌーンティーセットのドリンクを別のものにする場合、ドリンク50元引きサービス

※●=口へんに苗
※■=王へんに攵
※珈琲はどちらも口へん
※猫アワー:14:00〜16:00、20:00〜22:00(1Fショップ部分のみ)
※無線LAN完備(店内で電源を使用する場合、1時間80元)
※飲食物の持ち込み禁止(持ち込んだ場合、別途清掃代30元)

【関連ページ】
Meow Museum(2003年猫特集)

01:小小(シャオシャオ)、オス・4歳
美少年という言葉がぴったりの美猫。人懐っこく、甘えん坊。うかつにバッグを床におくと、その上で寛がれます。
02:小胖(シャオパン)、オス・6歳
あごをなでられるのが好き。ちょっと情けない顔がキュート。お客様にスリスリする営業部長。

<< 前のカフェへ 次のカフェへ >>

HOME猫カフェ?猫カフェ!猫ツアーレポートプレゼント|  |台北遊透隊バックナンバー旅々台北


2005 Copyright (C) MagicalSite Taiwan Inc. All Rights reserved