- 猫花園
- 猫舗茶坊
- 極簡 Cafe
- 院子 cafe
- 品客經典
- Bistro O
- Cafe OSO
- Swift's Place
- 蘇格拉底 猫哥二手書店
- Wow-Meow-Cafe
- DoDo Cozy Home
- Nest Cafe
+ 猫カフェとは?
- 猫カフェコレクション
+ 猫カフェツアー
+ 猫カフェ店員密着レポート
+ プレゼント
HOME
 当カフェは2008年に閉店しました。
熊が目印の猫カフェ

 のほほんとした可愛らしい表情の巨大なクマ人形がインパクト大のCafe OSO。師範大学周辺の学生街にあることから、学校帰りの学生や語学センター帰りの留学生などに大人気の猫カフェです。

  8年前にこのカフェがオープンしたときには、実は猫はいなかったのだとか。猫好きのオーナーやスタッフが、通い猫にご飯をあげているうちにだんだんと居つき、3〜4匹が常連となったそう。店内には、猫専用の出入り口も設けられていて、猫達は気の向くままに出入りしています。



OSOって、なに?

 ところで、店名の「OSO」ってどういう意味かご存知ですか?実はこれ、スペイン語で「熊」を指すそう。スペインでデザイナーとして働くオーナーの弟さんがつけてくれたそうなのですが、熊は自分のテリトリーをとても大事にする習性があることから、訪れたお客様にも猫にも、自分だけの快適なテリトリーを確保してもらいたい、という願いからつけられたそうですよ。無線LANも完備しているこのカフェでは、ノートパソコン片手にやってきては、何時間でも猫とともにくつろいでいるお客がいっぱい。

 猫は猫で、ふらりと帰ってきては気ままに店内を散策し、時に休憩しながら、のんびりとした姿でお客を和ませています。こんなにゆったりとコーヒー1杯で長居されても大丈夫なのかという心配はよそに、10%のサービス料(※通常サービス料なし)を払えば飲み物などの持ち込みもOKなのだとか。なんとも太っ腹です。



のんびりとお待ちください

 こちらのオススメカフェメニューは、ふんわりとしたシフォンケーキに、口に入れるとさっと溶けてしまう生クリームと、爽やかなオレンジピューレがかかった「シフォンケーキ」。濃厚なラテといただくと、ほっと落ち着きます。暑い日には紅茶と緑茶をベースに、リンゴやオレンジ、レモンジュースをミックスしたアイスフルーツティーがオススメ。チョコ、抹茶、レーズンなどバラエティに富んだ手作りクッキーは、どれも外はサクサク、中はしっとりでボリュームたっぷり。これだけでおなかいっぱいになってしまうかも。

 猫が散歩に行ってしまってお留守の時もありますが、そんな時にはゆったりとコーヒーでも飲みながら、猫たちの帰りを待ってみてくださいね。

最終更新日:2008年08月11日
 



【cafe OSO】
住所:台北市師大路93巷13號
電話:(02)2364-0002〜0003
営業時間:月、火、木、金/14:00〜24:00、土日/ 11:30〜24:00
定休日:毎週水曜日、旧暦の大晦日
最低消費:100元
HP:なし
交通:MRT台電大樓站3番出口から徒歩約10分

【おすすめメニュー】

熱拿鐵(ホットラテ):150元、乳酪戚風蛋●(スフレケーキの生クリーム&オレンジピューレがけ):70元


冰水果茶(フルーツティー):190元、手製餅乾(手作りクッキー6種):70元

※アフタヌーンティー(14:00〜17:00):180元(ドリンク+スイーツ)
※ナイトティー(19:00〜22:00):210元(ドリンク+スイーツ)

※●=米へんに羔の字

01:妹妹(メイメイ)、メス・5歳
神経質で抱かれるのは嫌い
02:醜妹(チョウメイ)、メス・7歳
よく鳴く子
03:小五(シャオウー)、オス・5歳
おっとりとおとなしい
GUEST
拾われた子猫達×4

※もらい手見つかりました♪
       
※現在は、04のもらわれていった仔猫達の中から1匹が出戻り、貝貝(ベイベイ)としてお店猫になっています。

<< 前のカフェへ 次のカフェへ >>

HOME猫カフェ?猫カフェ!猫ツアーレポートプレゼント|  |台北遊透隊バックナンバー旅々台北


2005 Copyright (C) MagicalSite Taiwan Inc. All Rights reserved