迪化街で必ずお目にかかかるカラスミ。台湾乾物土産の王者カラスミを徹底解剖すべく取材班はついに高雄まで飛んだ!カラスミうんちくから、製造方法、簡単レシピ、カラスミにまで全て紹介。これであなたもカラスミ博士!?
カラスミ情報 製造方法 美味しいカラスミの買えるお店 簡単レシピ

※写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

美味しいカラスミの買えるお店

まずは、どんなカラスミを選べはいいのか迷っているあなたに・・・
達人直伝!カラスミの選び方  

◆カラスミの選び方
デパート、専門店などで販売されているカラスミは、台湾の天然物人工養殖物ブラジルなどからの輸入物に分けられます。質、お値段も、この順番通り。

天然のカラスミは赤く湿った色をしており、油が少なく、香ばしい食感が特徴。また、人工養殖物のカラスミは、少々生臭く、天然物に較べると油が多く、食感も落ちます。輸入物のカラスミは形が不均一で、冷凍のまま輸入されることが一般的。冷凍により、鮮度と味が落ちるため、天然物と比べるとその差は一目瞭然です。

良いカラスミを選ぶ基準

1. 全体の厚みが同じで、見た目がきれいであること。
2. 卵の粒が均一であること。
3. 乾燥と湿気のバランスがよく、しっかりと硬いこと。
4. 余分な付着物が付いていないこと。
5. 塩分度が適当で、塩辛くなく、味が濃厚であること。

◆保存方法
未開封のカラスミは常温ですと1週間から10日おいしくいただけます。それ以上になる場合には、冷蔵庫にて保存します。冷蔵庫だと約1年。冷凍だと1年~1年半もちます。

冷凍した場合には、開封前に温度が比較的低い場所で自然解凍してください。カラスミの美味しさと鮮度を保持するために、開封後は冷蔵庫に保管して、できるだけ早く食べきってください。また、再冷凍は避けてください。



ここで美味しいカラスミがゲットできます!in迪化街!

陳氏のカラスミが買える店 「永利食品行」  

お店DATA
店名 永利食品行
住所 台北市迪化街一段143號
電話番号 (02)2553-2438
営業時間 9:00-19:30
使用言語 中、英、日
定休日 日曜日
迪化街に店を構えて40年。台湾を代表する名産、カラスミの販売を主要な業務としており、迪化街で唯一「泰」のカラスミを販売しているお店です。

陳氏のカラスミをベストの状態でご提供できるよう、品質管理には細心の注意を払っているとのこと。


  日本語が話せる店員さんもいますので、じっくり相談して、最高のカラスミを選んでもらいましょう!

店長 張惠儒
嘘偽りの無い品質と価格、公平で信用第一が、当店の経営理念です。ぜひ当店で、最高のカラスミをお求めください。

天然物のカラスミ販売店 「聯成食品行」  

※移転しました
住所 台北市迪化街一段106號
営業時間 AM9:30~PM6:30



お店DATA
店名 聯成食品行
住所 台北市迪化街一段44號
電話番号 (02)2556-2726
営業時間 AM9:30~PM8:00
使用言語 中、英、日
定休日

聯成食品は、屏東に自家加工工場をもっているカラスミ販売店です。迪化街で、聯成食品は自家生産のカラスミを販売するだけでなく、他の商店へも卸しているので、迪化街の聯成食品店以外の店に行っても、天然カラスミを買うことができます。

高品質の追求と多年に渡る専門知識が、聯成食品店をカラスミの販売において、その地位を不動のものにしています。また、自家生産販売以外にも、輸入物や養殖物ももちろん扱っています。燕窩(ツバメの巣)やフカヒレなども販売しており、主力商品となっているとのこと。


  多年培ってきた経験と頑なな品質追求、これが聯成食品が他店の追従を許さない理由なのですね。


店長 張惠儒
迪化街で乾物を取り扱って60年の歴史があります。中華民国78年、迪化街で聯成食品を開業し、迪化街におけるカラスミ販売の拠点になっています。




| TOP | 迪化街 | カラスミ | 解明図鑑 | チャイナドレス | 旧正月 | プレゼント |
| バックナンバー | コーナーマップ
|