温泉でお肌はつるつるになったけど、さらに磨きをかけたい方も没問題!

台湾でも1、2位を争う高級エステが併設されている温泉ホテルをご紹介。
日本やカナダのスクールで修行したエスティシャンの腕は超一流。
だけどお値段はリーズナブルなのが嬉しいところ。

台湾でぜひ体験したい足ツボマッサージや、時差ぼけ解消マッサージなど、旅行者に嬉しいコースも勢ぞろい。男性用コースももちろんあります。実は北投は、温泉天国かつ、エステ天国でもあったのです。

※写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。
 
     
  春天酒店

DATA
住所 台北市北投区幽雅路18号
TEL 02-2897-5555
営業時間 露天風呂:AM9:00-AM10:00
屋内温泉:24時間
休館日 なし
料金 入浴のみ:800元
宿泊:5,600元(洋室・2人)〜
エステ 1,800元〜
泉質
交通 MRT新北投よりタクシーで約10分。
HP  http://www.springresort.com.tw
「春天酒店は、ひとつの芸術作品のような場所です。」と、いうマネージャーさんの言葉に思わずうなずいてしまいます。春天酒店は台湾の本格温泉リゾートの先駆者。戦後の北投を、現在のような一大リゾート地に再生させた実力を持つのが、このホテルなのです。

春天酒店にたゆたう空気は優雅の一言。露天温泉、ジャグジー、花びらを浮かべた花瓣風呂など、オープンエアの温泉はいずれも陽光にあふれ、自然の中で思う存分リラックスすることができます。

付属の「being spa」は他の有名ホテルにも支店を持つ一流エステ。スタッフは、シュウウエムラのスクールでトレーニングを積んだ専門家ばかり。カップル専用コースや、男性専用コースや、時差ぼけ調整コースなど、ユニークなプログラムがあるのが特徴で、ぜひ長期滞在して、いろいろ試してみたいところ。

また、本格会席料理が楽しめるレストランや、ジャズクラブ、ヌーベル・シノワ料理が堪能できる広東料理レストランなど、グルメもばっちり。台湾旅行の定宿としてオススメしたいホテルです。



  水美温泉会館

DATA
住所 台北市北投区光明路224号
TEL 02-2898-3838
営業時間 SPA:AM9:00-AM10:00
入浴:24時間
休館日 なし
料金 入浴のみ:800元
宿泊:5,600元(洋室・2人)〜
エステ 1,500元〜
泉質
交通 MRT新北投より徒歩3分。
緑の木々が茂り、いつも鮮やかな花が咲き誇っている北投温泉公園。その直ぐ隣にある水美温泉会館では、ホテルの中にいてもまだ公園にいるような、そんな気分になることがあります。

それはこのホテルが、自然の雰囲気をとても大切にしているから。いたるところにさりげなく飾られたフラワーアレンジメントや観葉植物が、それを証明しています。

そんな水美温泉会館ですから、エステも自然素材を使用したコースが人気。特にバラのアロマオイルを使ったマッサージは、花畑の中に寝転んだようなうっとりした気分にさせてくれます。また、顔のツボを重点的に刺激することにより、シワやシミを改善するフェイシャルコースも人気とか。台湾に来たらぜひ試したい、足ツボマッサージがあるのも注目です。

地中海をイメージした温泉は、大理石とヒノキをふんだんに使った、シンプルながら重厚な造り。
サウナ、ジャグジーも完備してた広い温泉エリアだけで、一日過ごせてしまいそうなのです。

  亞太温泉生活館

DATA
住所 台北市北投区温泉路銀光巷21-6号
TEL 02-2898-3088
営業時間 AM6:00-AM2:00
休館日

料金 入浴のみ:500元
エステ 1,500元〜
泉質
交通 MRT新北投よりタクシーで約10分。
HP http://www.apresort.com.tw/
日本人建築家の手により、ここ北投に理想の温泉リゾートが作り上げられました。広々とした日本庭園をはじめ、ヒノキ風呂、露天の岩風呂、個人での貸しきりOKの森湯風呂など、多様なお風呂はいずれもモダンな和風デザイン。外国にいるという意識無しに、温泉を堪能できること間違いありません。

亞太温泉生活館のエステは「登●爾SPA」が担当。カナダで創立された「登●爾SPA」は、台湾エステ業界の草分け的存在。アロマテラピーを中心とした技術とサービスの評判は高く、台湾マダム御用達なのです。そのサービスを温泉ついでに体験できるなんて、これはもう、ぴかぴかな美肌になること間違い無し。

亞太温泉生活館のエステは、2005年4月より「MTB複合式美容中心」に変わりました。

また併設のレストランでは、漢方薬を使った本格的な薬膳料理を楽しむことができます。イチオシの「乾隆首烏帝王鶏」は、地鶏と30類以上の漢方薬を16時間も煮込んだ鍋料理。若返り効果もあるそうですので、ぜひお試しください。(●=王へんに其)


 


TOP博物館温泉紹介龍山寺萬華グルメレポート観光ルートプレゼント

旅々台北TOPへ