台北市の最高峰

 七星山は標高1,120mと台北市で最も高い山です。陽明山国家公園にある火山の一つでもあり日本の富士山と同じ円錐形をした成層火山に分類されます。およそ70万年前に活発な噴火活動が行われていて山頂付近にはカルデラがありました。カルデラは長い年月を経て浸食されて、現在では大小7つのピークになっています。それが北斗七星を連想させるために七星山と名付けられました。

 七星山には小油坑、冷水坑、苗圃を起点とする3つの登山道があります。今回は最も標高差も少なく距離も短い小油坑から登ってみました。この登山道では1時間ほどで山頂に登ることができ、本格的な登山装備でなくても登山が可能です。登山に向く季節は天候の安定した4~5月と9~10月。夏場はスコールや雷が発生することがあるので注意が必要です。


登山道入り口
小油坑近くにある登山道入り口
石畳の歩きやすい道
石畳の歩きやすい道が続きます
竹子湖が見えます
奥に見えるのは竹子湖。海芋(カラー)鑑賞や野菜料理が楽しめます。

登山道の中でも急なところ
登山道の中でも急なところ
荒れている部分もあり要注意
荒れている部分もあり要注意
登山道の脇から蒸気が吹き出ます
登山道の脇から蒸気が吹き出ます
急な階段を登り切り振り返る
急な階段を登り切り振り返る

蒸気が噴き出すところ
蒸気が噴き出すところには硫黄の結晶があり、かなり近くで見られます。なお陽明山国家公園内では石、木、花、草などを始めとする自然資源の採集や持ち出しは禁止されています。
ハイキング
ハイキングに適した道です
蒸気の吹き出る岩場
蒸気の吹き出る岩場
標高1,000m
標高1,000m
眼下に広がる緑は關渡自然公園
眼下に広がる緑は關渡自然公園


山頂では360°のパノラマが広がります

 小油坑の上あたりは急な斜面になっていて階段の隙間から蒸気が噴出しています。硫黄の香りが漂うワイルドな道で、足場が不安定なこともあり注意して進んでください。ここを越えると周辺の山々や台北市が見渡せるようになってきます。登山道には別のピークにある展望台にも続く道もあり、景色を眺めながらゆっくり楽しむことができます。登山道を歩いていると陽明山を代表する野生動物の竹雞(タイワンコジュケイ:小型のキジ)を目にすることがあるかもしれませんよ。


七星山の主峰近くのピーク
七星山の主峰近くには7つのピークがあります。北斗七星のようなので七星山と名付けられました。山頂に近づくにつれて台北市内や周囲の山々が見渡せるようになります。
登山道近くにある展望台
登山道近くにある展望台
七星山山頂
七星山山頂が見えてきました
笹に包まれる登山道
笹に包まれる登山道
案内板
案内板がこまめにあります

七星山の主峰は標高1,120m
七星山の主峰は標高1,120m。山頂は小さい広場になっていて、椅子代わりになる台なども置かれています。山頂では360度のパノラマが広がり天気の良い日はかなり遠くまで見渡せます。
山頂から金山を望む
山頂から金山を望む
奥に見えるのは七星山の東峰
奥に見えるのは七星山の東峰
松山空港と台北101
松山空港と台北101
小油坑方向を見てみます
小油坑方向を見てみます


登山の注意点


  前のページへ戻る このページのトップへ 次のページへ進む