高雄旗津特集 旅々台北トップページ 熱門特集バックナンバー

Picasa ウェブアルバムで105枚の写真を公開・・・アルバム

鴨角活海産店

鴨角活海産店

 旗津フェリーターミナル近くで一番賑やかな廟前路は海産物店が多く集まっているため「海産街」とも呼ばれています。海産街を歩いていると、たくさんのお店の人が大声を上げてお客を呼び込んでいます。鴨角活海産店は、高雄現地の人達もよく足を運ぶ海産店で、その海産物が新鮮なだけでなく、料理方法や料理自体に特色があるところから、海産街の人気店となっています。

鴨角活海産店

 店内は照明がとても明るく、広さも十分。円卓なので人数が多いグループにもぴったりです。お店の前には色々な新鮮な海産物が並べられていて、身がたっぷりで新鮮で、しかもどのメニューも量がたっぷりとあり、満足すること間違いありませんよ。

 注文の仕方は店頭の海産物を選んで調理法を指定します。メニュー表はありませんが、オーナーは少し日本語が話せ、日本人の好みの味をよく研究しているので、どうすればよいのか分からなくてとまどうだけ、ってことはありません。注文が終わったら後はテーブルで待つばかり。次々と料理が運ばれてきます。

 ジュースやビールは店内の冷蔵庫から自分で好きなだけ取って、支払いのときに申告すればOK。フレッシュジュースが飲みたいときは、お店の向かいのジューススタンドでジュースを買って、お店に持ち込みましょう。

●住所:高雄市旗津區廟前路22號
●営業時間:月~金10:30~22:30 土10:00~22:00 日10:00~21:00

本日のメニュー

炒海瓜子(120元) 海瓜子は二枚貝の一種で、殻の大きさは約3~4cm、薄い殻には様々な色と模様があります。新鮮でおいしい海瓜子は生姜スープや台湾バジルととても良く合います。炒海瓜子は、食前の一品として食べるのにもぴったりで、よく肥えた貝の肉は、ビールにも良く合いますよ。

蒜蓉明蝦(1両70元) ニンニクを使った料理は台湾料理の特色の一つで、お店の方がお勧めする看板メニューである蒜蓉明蝦(車エビのガーリック風味)は、ニンニクの香りと新鮮な旨みのある車エビの肉がうまく融けあい、気に入ること間違いありません。このお店では、車エビを切り開く時に、しっぽ部分は完全には切り落としておらず、蒸された新鮮なエビの肉はすぐに殻から外すことが出来ます。一人一尾の大きな車エビを食べるなんて、本当に海鮮料理の高級な楽しみ方ですよね。(6尾で約9両になります)

清蒸海魚(1両40元) 海産店で魚を食べる時には、甘酢あんかけ・蒸す・焼く・スープで煮るの4種類の食べ方から選べます。どの魚がどの食べ方にぴったりなのかは、お店の方のアドバイスを参考にしてみてください。今回の海水魚、オーナーのお勧めは「蒸す」でした。身がしっかりとしたおいしい魚の肉質はモチモチとしており、食べると魚の新鮮さがすぐに伝わってきます。写真の魚は約10両(400元)でした。

炒海瓜子
炒海瓜子
蒜蓉明蝦
蒜蓉明蝦
清蒸海魚
清蒸海魚

洋葱蛋處女蟳(時価) カニ類も旗津海産物の特色の一つで、お店の方がお勧めするこの時期の処女蟳は、玉ねぎと卵で炒めてある、お店オリジナルの料理方法なんですよ。獲れたて新鮮なものを食べたい方にもぴったりです。処女蟳を卵炒めにすることで、カニの新鮮なおいしいスープと滑らかな卵が良く合い、玉ねぎのほのかな甘みとカニの新鮮な甘みは絶妙にぴったりの相性なんです。値段は状況により異なりますが、今回はカニ2杯で500元でした。

炒山蘇(120元) 海産店でも、もちろん旬の野菜が食べられます。緑色をした山蘇はワラビの一種で、新芽はシャキッとして滑らかな軟らかさで、強火で手早く炒めて食べるのがおいしい食べ方です。しょうがの千切りを入れると味が引き立ち、さらに黒豆豉を加えると風味が一層増します。このお店では乾燥小魚を一緒に炒めてあり、また違った食感が生まれています。

海菜吻仔魚湯(150元) さっぱりとした海菜吻仔魚湯(海草じゃこスープ)は、あっさりした塩味で、味の濃い海鮮料理に合わせるのに最高のパートナーです。滑らかな口当たりの海草スープは香りがよく、しっかりとした小魚の存在も感じられます。

洋葱蛋處女蟳
洋葱蛋處女蟳
海菜吻仔魚湯
海菜吻仔魚湯
炒山蘇
炒山蘇

旗後天后宮と番薯椪

 港には、媽祖は絶対に欠かせません。媽祖とは漁民の守護神で、旗津の人達が最も崇敬する天后宮に祀られています。この精巧な天后宮には、1673年に台湾に来た木彫りの媽祖本尊が奉られ、旗津の人達の開墾・戦争・再建の歴史を共にしてきました。現在では漁業活動はどんどん減少してはいますが、天后宮は変わらずにひっそりと旗津の人達を守り続けているのです。もちろん、この旅行が素敵に無事に進みますようにと媽祖にお願いすることもできますよ。

●住所:高雄市旗津廟前路93號

 天后宮のすぐ裏にはいつも行列ができる屋台があります。この屋台では「番薯椪(さつまいも揚げ餅)」が売られています。当地で30年以上も続く伝統の作りたて熱々おやつをぜひどうぞ。台北日和で紹介しています

旗後天后宮
旗後天后宮
旗後天后宮と番薯椪
旗後天后宮と番薯椪
番薯椪
番薯椪

Loading...
旅々台北TOPこの特集のTOPSTAGE 1STAGE 2STAGE 3STAGE 4バックナンバー  PAGE TOP
旅々台北TOP