エバシオン研修ツアー台北・礁渓4日間体験レポート

 さて、2日目の宿は「エバーグリーンリゾート礁渓」です。雪山トンネル(全長12.9km:台湾一長いらしい)が開通したおかげで、バスでの移動が便利になったとのこと。しばらくはバスの中で休憩です。

エバーグリーン・リゾート礁渓(礁渓長栄鳳凰酒店)

Loading...
所在地:
26241宜蘭縣礁溪鄉健康路77號
TEL:
03-910-9988
ホームページ
http://www.evergreen-hotels.com/branch/Jiaosi/

 ホテル周辺はまだ開発途中といった感じですが、中に入ると一変。フロントは2階までの吹き抜けがすごい開放感。モダンなインテリアで統一され、ここが台湾ということを忘れてしまいそうです。

photo

photo
photo

設備

 結婚式のチャペルや披露宴会場、大会議室のほか、ジムや遊技場の設備が充実。キッズルームにインターネットルーム、カラオケルームのほか、卓球やヨガができるスペースまで盛りだくさん。そしてなにより温泉地ならではの設備は「露天風呂」。こちらは予約制になっているので、気の知れた仲間同士ゆっくりくつろぐことが出来そう。その他、水着を着て入るspaもあります。屋外プールでゆったり泳ぐのも楽しそうです。

photo photo photo photo

客室

スーペリアルーム

 泊まったのはこちらのお部屋。室内はとても広く、お風呂も大人3人くらい入れそうな広さ。室内との堺がガラスなのでちょっと恥ずかしく(トイレまで丸見えになるので)、そこはボタン一つでスクリーンが降りてきます。テレビも薄型、インターネットは無料、しかも冷蔵庫の中の飲み物まで無料と、こんなホテルに泊まったことないのでドキドキしてしまいます。

 部屋着も甚平風で(なぜか腰紐がついてます)、部屋ごとに違ったデザインのもの。室内履きもスリッパではなく鼻緒の着いたぞうり。日本スタイルでゆっくりくつろげます。

photo

photo
photo

和室デラックスルーム

 ベッドではなく和室、畳のあるところに布団を敷いて休みます。旅館にきたようですね。デラックスなので、お風呂の広さはスーペリアの2倍?

photo photo photo

家族向けルーム

 ツインベッドが2つ、家族4人でゆっくりくつろぐのに十分な広さです。

photo

photo
photo

露天風呂・夜食

 さて、到着も遅く、小一時間ほどホテルの説明を受けるので小腹が空くだろうということで、夜食を用意していただいていました。そのまえに、9時から予約してくれた屋上露天風呂へ。水着で入るspaより、日本人は露天風呂とか「風呂」が好きなんだなぁと実感。せっかくなので部屋のお風呂にも入りたいため長風呂はせず、夜食の会場へ向かいます。

 これがまた、風呂上がりのビールが大変美味しくて・・・飲んだ瞬間「とうもろこしの味がする」と思いました。あとでうかがったところ、ここでつくった地ビールのようです。あとはバイキング形式のおつまみや軽食を各自とってきて、ガイドさんを中心に盛り上がっていたりそれぞれにいろんな時間を過ごしたようです。

photo photo photo

次のページへ

ページトップへ戻る