ガッツリ台湾料理
 

龍香珍快餐

ボリュームたっぷりのお弁当
Loading...

 台北駅付近の南陽街は通称「補習街」と呼ばれていて予備校や塾がたくさんある通りです。このエリアにはたくさんのお弁当屋や自助餐屋さんがあり、大勢の学生やビジネスパーソンが訪れますが、「龍香珍快餐」もそんなお店の1つです。テーブルの上には様々な種類のおかずが並べられ、弁当屋と自助餐(ビュッフェのようなセルフサービスのご飯屋さん)が合体したような形式のお店です。4種類のおかずとお肉を1つ選びますが、お肉の種類によって価格が変わります。

 そのお肉とは、豬排(豚カツ:60元)、魚排(フィッシュフライ:時価)、雞腿(鶏もも肉:75元)、雞排(チキンカツ:60元)、宮保雞丁(鶏肉とピーナッツと唐辛子を炒めた四川料理:60元)などで、おかずは季節の野菜や豆干など、25種類ほどがずらりと並んでいます。たとえば、排骨(65元)に麻婆豆腐、マコモダケ(筊白筍)、龍鬚菜、涼拌大黃瓜 の4 種類のおかずを選んで65元の排骨便當になります。庶民の味で、お肉は冷めてはいますが充分においしく、おかずは自由に選べるので様々な味が楽しめますよ。


 

大鐤肉羹

肉羹
Loading...

オススメの排骨飯 「肉羹」とは台湾特有の食べ物の1つで、大根と肉羹(肉団子)、香菜がたっぷり入ったスープです。よくある肉羹は片栗粉を使ってとろみをつけたものですが、このお店では野菜と豚の骨を使って煮込まれたさらっとしたスープが特徴です。さっぱりとしていて甘みがあり、肉羹は歯ごたえがしっかりとしていて、豚肉の旨みが味わえますよ。

控肉飯 肉羹湯以外にオーナーのオススメが控肉飯(豚の角煮のっけ飯:65元)と排骨飯(スペアリブのっけ飯:65元)です。控肉飯のお肉は、脂身と赤身部分が絶妙な割合、排骨は手の平と同じくらいの大きさで、どちらも台湾の伝統的な味です。またこれらには、2種類の野菜と特大の揚げ豆腐と煮込み卵も盛られていて、ボリューム満点です。これで65元とは本当にお得ですね。



前のページへ戻る  このページのトップへ  次のページへ進む