通伯台南碗粿

米漿を煮詰めて作る碗粿 (MAP G)

碗粿
 碗粿はお米から作る米漿をさらに煮詰めてつくったおもちのような食べ物です。よくある付け合わせは豚肉、桜海老、しいたけ、卵黄など。碗粿は台南の名物料理の1つですが、こちら迪化街でもその味を楽しむことが出来ます。このお店は約25年の歴史を持つお店。店長の通伯さんからおかみさんの邱さんまで家族全員が台南の出身、つまりこのお店の碗粿は間違いなく本場の味ということです。朝早くから大勢の地元の人たちがこの碗粿を求めて行列を作ります。お昼が近づく頃にはお店はてんてこ舞いの忙しさです。

虱目魚羹(サバヒーのとろみスープ)

 透き通って見えますが実はすごく濃くてどろっとしたスープです。お店特製のタレをちょっとかけていただきます。このタレは甘酸っぱく食欲をそそられます。虱目魚羹の食感は弾力があり魚の新鮮なおいしさを味わうことが出来ます。この虱目魚羹はさっぱりとした口当たりで量は少なめ。小腹がすいたときのおやつにも、ご飯のおかずにもぴったりです。

虱目魚羹
通伯台南碗粿


獅子頭(肉団子)

 獅子頭とは揚げ肉団子のことです。挽き肉に白菜、葱、ニンニクなどを加えて煮たあとで、揚げます。歯ごたえのある食感と豊かな味わいで、「肉乾」のような甘い香りが広がります。噛むたびに肉汁が溢れ出てこれはおかずに最適です!

獅子頭
獅子頭


香菇湯(きのこのスープ)

 お店のメニューの中でもかなり人気の一品。金色のスープは口に含むとしいたけの香りが広がります。具は骨付き豚肉とたけのこで、豚肉は箸で切れてしまうほどやわらかく、たけのこもスープが染み込んでこちらもやわらかく、あっさりとした風味豊かに仕上がっています。

香菇湯
通伯台南碗粿

通伯台南碗粿
通伯台南碗粿



店名 通伯台南碗粿
住所 台北市南京西路233巷19號
電話 02-2555-6092
定休日 日曜・旧正月
オープン 10:20-19:00
主な
メニュー
虱目魚羹: 30元/碗
碗粿:35元/碗
獅子頭:15元/個
香菇湯:45元/碗



|| A:霞海城隍廟 | B:古早味氷飲店 | C:謝師傅 | D:台南土魠魚焿 | E:民樂旗魚米粉湯 | F:金仙魚丸 | G:通伯台南碗粿 | H:老媽麵店 | I:滋生青草店 | J:永樂雞捲大王 | K:永昌杏仁茶 | L:永樂米苔目 | M:吃飽飽元氣早餐店 | N:妙口四神湯包子專賣店 | O:麥芽地瓜 | P:生ジューススタンド | Q:佳興魚丸店 | R:李亭香 | S:林合發油飯店 | T:大稻埕公園 || 表紙に戻る | メイキングビデオ | 熱門特集バックナンバー ||