【台湾新幹線でGO!】台湾高速鉄道
台湾新幹線とは? 担当者インタビュー もっと台湾新幹線 高鐵探索館


台湾新幹線特集はリニューアルしました!
新しいページは >> こちら






「高鐡探索館」は2006年10月31日をもって、閉館しました。

 台湾高速鉄道についてより詳しく知りたいのであれば、ここがオススメ。2004年8月15日に新竹にオープンした「高鐡探索館」では、一足早く台湾高速鉄道を体感できます。台湾高速鉄道が完成するまでのプロセスや、開発計画、さらに新幹線をはじめとする世界の高速鉄道の紹介まで、ちょっとした高速鉄道ツウになれる絶好のポイントです。オープン以来の約4ヶ月ですでに10万人以上が訪れており、そのうち10〜20%は海外からということ。台湾高速鉄道に対する関心度の高さがうかがえます。
その1その2

◆ レッツ参観!本館部分でお勉強
 高鐡新竹駅(建設中)のお向かいに建てられた、モンゴルのパオのような、真っ白な不思議な建物。これが高鐡探索館です。 丸い本館正面入り口から前後に700Tが貫通しているように見える造りになっており、正面入り口近くの列車部分はコーヒーショップ(上真ん中の写真、2004年11月下旬オープン予定)、後方部分は700Tのモックアップ(実物大模型)となっています。
 駅の改札をイメージしたエントランスから入場すると、中央に描かれた巨大な台湾地図(台湾高速鉄道路線付き)をぐるりと取り囲む形で、展示ブースが設置してあります。

 それらの展示ブースを順に見学したあとに、後方に設置されている700Tモックアップに実際に搭乗し、一足早く台湾高速鉄道を体験してみましょう!という見学コース。
 「興世界接軌」では、日本、フランス、ドイツ、イギリス、スペインなど世界各国で活躍している高速鉄道が、模型やパネルを駆使して、くわしく解説されています。  「新城采風」では、高速鉄道主要5駅の今後の開発計画が紹介されており、高速鉄道の開通と共にさらに発展する都市の未来予想図が目に浮かびます。  「台湾高鐡的故事」では、苦労をした高架部分やトンネル、各国のスタッフのエピソードなども知ることができ、台湾高速鉄道のツウを目指す方にオススメのエリアです。
 「地表巡弋」にはミニモデルが設置してあり、その中では「電車でGO!」よろしく、台湾高速鉄道の運転がシミュレーションできるしかけ。でも、難し過ぎるような気が・・・。  「高鐡遊操」では自分の顔を取り込んだ人形が、大きなスクリーンで高速鉄道をバックにダンスを踊るという、ちょっとしたアトラクション。画面が暗くて顔がわかりにくいのが残念。 「願景台湾:下一出口」エリアでは、透明なアクリル板で作られた高鐡新竹駅の立体模型が、照明によってキラキラと輝き、ちょっぴりアートな香りさえ漂います。
 館内には「高鐡非売区」があり、そこでは販売予定(現在は非売品のノベルティグッズとして関係者などに配られています)のオリジナルグッズの数々が展示されています。  ポロシャツやネクタイ、マグカップにストラップといった定番のものから、700Tの模型や万能ナイフ、700Tの絵が刻まれたクリスタルの置き物などいろんなものがありました。  館長さんのお話によると、販売時期やどれが商品化されるか、まだ未定だそう。現在、イメージキャラクターも企画されているとのことなので、今から発売が楽しみですね!

その1その2続きがあります



取材協力:
台灣高速鐡路 (当ページ掲載の画像や写真等著作物は、台灣高速鐡路に無断で使用することは出来ません

台湾新幹線とは インタビュー もっと台湾新幹線 高鐵探索館