旅々台北 特集記事
童話の世界のような淡水の新風景
淡海ライトレール特集

V07淡水行政中心

高架最後の駅は「淡水行政中心駅」。ここからは近年多くのマンションが建てられ人気住宅街へと変貌を遂げた淡海ニュータウンに入ります。大型スーパーマーケットや行政機関も集まるこの新エリアは大きな可能性を秘め、ライトレールの開通によってますます便利になりました。

淡海ライトレールの開通に伴い造られた「淡海輕軌幾米主題公園」は、物語のキャラクターと記念撮影をすることができるだけでなく、たくさんの花が植えられていて、将来的にはここで様々なイベントも開催される予定です。公園からはライトレールがゆっくりとカーブを走っている様子も見え、見逃せない撮影スポットですよ。

公園そばにあるバス停では物語の中の女の子がブランコを漕いでみんなと一緒にバスを待っていて、そのかわいらしい様子は大いに癒されますよ。これは淡海ライトレールのジミーアートの中でも知る人ぞ知る作品。ぜひお見逃しなく!

近くにはレトロなアイスキャンディーを販売する「淡水舊鎮50年代枝仔冰」もありますよ。小さな屋台から始まったこのお店は40年以上、天然素材を使った伝統的製法を守り続けていて、忘れられない懐かしの味を今に伝えています。特製アイス、梅アイス、パイナップルアイスに凍頂ウーロン茶アイスなど、どれもおススメです!

淡水舊鎮50年代枝仔冰
住所:新北市淡水区淡金路二段270-1号
電話:02-2625-2267
営業時間:12:00~17:00

「V08濱海義山」へ