旅々台北 特集記事
童話の世界のような淡水の新風景
淡海ライトレール特集

V01紅樹林

始発駅の「紅樹林駅」は高架駅で、近くには淡水河が広がっています。その景色はとても美しく、開放的なプラットホームからは淡水河と観音山の様子を一望できますよ。ここは淡水の風景を最も感じることができる場所でもあります。プラットホームにある帽子の木の下で願い事をする少女のパブリックアートが絵本の始まりとともにこれからの旅の始まりを象徴しています。

駅に入る前には「漫遊淡海新北捷運商品館」をのぞいてみましょう。ここにはライトレールやMRTに関する記念品のほか、ライトレールとジミーのコラボ商品も販売されていて、乗車紀念にぴったりのおみやげが見つかること間違いなしです。

ここからは「紅樹林自然保護区」にも行く事ができますよ。竹圍から淡水までのエリアには76ヘクタールにもおよぶマングローブの森が広がっていて、そこに生息する木そしてその樹皮が赤いことから“紅樹林”と呼ばれ、駅名にもなっています。遊歩道を歩いていくとマングローブの森と淡水河そして観音山の美しい景色が一望できます。潮間帯ではシオマネキやムツゴロウ、そしてシロサギの姿を見ることもできて、大自然の魅力を感じることができる場所でもあるんです。

漫遊淡海新北捷運商品館
住所:新北市淡水区中正路二段68号1階
電話:02-7728-7389
営業時間:10:00~22:00

「V03淡金鄧公」へ