2016年12月22日

安心できる食材のみを使う小さな食堂 西糯米廚房

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

清潔でスタイリッシュなキッチン

清潔でスタイリッシュなキッチン

黒板に書かれる毎日のメニュー

黒板に書かれる毎日のメニュー

食後の季節のフルーツと南非國寶茶

食後の季節のフルーツと南非國寶茶

店内の様子

店内の様子

香檸烤雞腿排

香檸烤雞腿排

 「西糯米廚房」は無農薬、環境に優しい食材を使用した料理を提供するのがコンセプトのレストランで、小さな農家やフェアトレードの理念もサポートしています。メニューは毎日、入り口の小さな黒板にシンプルに書かれています。当日使用する食材の産地は、お店のブログにて紹介されており、有機食材などを扱うお店「主婦連盟」、「里仁」、「248農學市集」などから台湾産の良質な食材を仕入れています。

 作り置きをせず、毎日お店で作る料理は、季節の食材に合わせてメニューを変えています。油、塩は少しだけ、また揚げ物は無しというのが基本で、食材は先に茹でて半分ほど火を通してから焼いたり炒めたりすることで、油の使用を減らしています。素材本来の味わいを生かす調理方法で、料理から食べ物のおいしさ、そして健康的なおいしさを多くの人に伝えたいというのがお店の願いです。甘さ、しょっぱさの味わいのバランスで、メインメニューに合わせて食後のデザートの果物の種類も変えるというこだわりです。

 店内の大きな黒板には、毎日のメニューのセレクションが書かれており、軽食メニューもあります。今回オーダーした「香檸烤雞腿排(檸檬風味のチキングリル/330元)」には、紫米のごはんもセットになっていて、オーナー手作りの陶器のお椀に盛り付けられています。クリアでスッキリしているのが特徴の「金椿」ブランドの苦茶油を使用しており、瓶の蓋を開けて加熱すると、とてもよく香りが漂います。鶏肉は、骨を取り除いた後に、削った有機栽培のレモンの皮で香りを付けてあり、チキンと檸檬の香りがよく合ってとてもおいしいです。スープの大根とサツマイモ、そしてお浸しのカリフラワーは、冬に旬を迎える野菜です。春菊を軸に使用した卵焼きは見た目の可愛さに加えて、味も大変おいしいです。食後にはフェアトレード商品を扱う「Equal Exchange」からセレクトしたお茶を飲むことができ、デザートの果物と一緒に食事の締めにはピッタリです。特に「南非國寶茶(南アフリカ産ルイボスティー)」は、カフェインとカテキンが含まれないので、妊婦さんも安心して飲むことができるまろやかなお茶ですよ。

紫米飯

紫米飯

春菊玉子燒

春菊玉子燒

 「西糯米廚房」という店名は、プレーリードッグの英語の学名-「cynomys」から来ています。地下に穴を掘る習慣のあるプレーリードッグは、農作物を荒らすため、大量処分されたこともありますが、実はプレーリードッグが穴を掘る行為は、生物の多様性と生態系のバランスにおいてとても重要なことだという研究結果が出たのです。プレーリードッグを店名に用いることで、お店を訪れる人たちに、様々な角度から生態系や環境を大切にする気持ちを伝えたいという思いと、また、環境のために何ができるか考えてほしいという問題提起の意味も含んでいます。「西糯米廚房」では、使い捨ての容器や箸などは使用せず、テイクアウト用のお弁当は全て鉄のお弁当箱を使用しており、もしくは、お客が自分で弁当箱を持ってくることもできます。紙の使い捨てボックスや、割りばしなどは提供していません。

 「西糯米廚房」のオーナーたちは、このようなスタイルのレストランを通じて、天然の食材を調理し、自然環境に優しい食事というコンセプトを伝えています。環境のために、自分自身が食べるものを意識的に選ぶべきだということを改めて認識させてくれます。
(記者:Amelie)

地図

【西糯米廚房】
住所:台北市士林區文林路740巷24號1樓
電話:02-2838-6505
営業時間:火曜~土曜 12:00-14:00/17:30-21:00
定休日:日曜、月曜
交通:MRT芝山站2番出口より徒歩約3分
URL:http://cynomyskit.blogspot.tw/

Loading...

▲ページトップへ戻る