2016年11月9日

台湾産小麦のパン 和正農作

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

黃金花生磚

黃金花生磚

亞麻仁蔓越梅

亞麻仁蔓越梅

皇冠

皇冠

オーナーと台湾産の小麦粉

オーナーと台湾産の小麦粉

店内の様子

店内の様子

棉花吐司

棉花吐司

 午後になると、新鮮な焼き立てのパンが出来上がり、お店の外にも香ばしいパンの香りが漂います。淡水英専夜市周辺の路地裏に位置する「和正農作」は、毎日午後になるとたくさんのお客がひっきりなしに押し寄せる大人気店です。2015年オープンの「和正農作」は、当初は淡水沙崙路にあり、5坪ほどのこじんまりとしたパン屋でした。その後、オーナーの林和正さんは、ヨーロッパ式パンが持つ小麦粉の香りと、日本式パンが持つ軟らかな食感とを融合させ、これに巧みな技術を加えた結果、お店は瞬く間に大評判となりました。今では毎日夕暮れ前には完売してしまうほどの人気ぶりなんですよ。そして今年、「和正農作」はMRT淡水駅から10分ほどという絶好の場所に第2店舗目をオープンさせました。

 オーナーは、「当初は自分の名前に“農作”の2文字を加えて店名にし、自分のパン技術と台湾の農産品とを融合させ、台湾ならではのパンを作りたいと思っていました」と話してくれました。2店舗目オープン後は、台湾産の小麦粉を使用することにし、パンの中には北港のピーナッツ、金山のサツマイモ、玉ねぎ、ドライフルーツなど、台湾産の各種食材が加えられています。そしてとびきりのパン技術と、リーズナブルな価格もまた、小さなパン屋が急速に人気店となった理由でもあるんですよ。

 ピーナッツパンと言えば、台湾のパン屋の中では生産必須と言われているパンです。「和正農作」の「黃金花生磚(ピーナッツパン/40元) 」は、ピーナッツをパンの外側に塗るという伝統的な台湾式の作り方を脱した小さな褐色の四角いパンの中には、大量ピーナッツ餡が入っています。使用しているのは厳選した北港のピーナッツで、荒目の粒々感を残しています。沖縄産黒砂糖で作った餅を合わせたピーナッツ餡は、濃厚なピーナッツの香りが漂い、バランスのとれた甘さだけでなく、様々な口当たりも持ち合わせているんですよ。

 「棉花吐司(マシュマロトースト/80元) 」は、オーナーが得意とする一品で、台湾産の小麦粉を使用し、しっとりと軟らかさのある生地が、ケーキに近い食感を作り出しています。中には、ドライメロン、パッションフルーツ、そして練乳で作った餡が合わせてあります。マシュマロのような食感と台湾産フルーツの旨味を十分に含んだとても美味しいパンなんですよ。

 「脆皮金三角(パリッとした金三角/50元) 」は、外はヨーロッパ式パンの生地、中の生地は日本式の湯種(小麦粉を熱湯でこねて、低温で熟成させたもの)で作られています。ヨーロッパ式パンの小麦の香りだけでなく、日本式パンの軟らかさも持ち合わせていて、パーフェクトなバランスが台湾人の口に絶妙に合うようです。また、生地の中には、香辛料、玉ねぎ、セロリ、とうもろこしが加えられていて、野菜の香りが漂っています。このような組み合わせが、近隣の主婦の方々に大好評なんだそうですよ。

脆皮金三角

脆皮金三角

卡門荔枝

卡門荔枝

 「亞麻仁蔓越莓(亜麻仁とドライクランベリーのパン/60元) 」は、生地に亜麻仁とドライクランベリーを合わせ、更にイタリア産のテンピオオリーブオイルを加えています。ナッツ類の香りが豊かに香る養生パンなんですよ。「皇冠(王冠/60元)」は、厳選したヨーロッパ産のTATURAのクリームチーズを使用しています。濃厚なミルクの香りがするとても美味しいパンです。

 オーナーの林和正さんは、「ブランドを成立したのは初めてですが、パンと農作物の間で多方面の可能性を模索し、将来は季節の変化に伴った新作品を作り続けたいです。そして、できる限り台湾の農産品を広めていけたらと願っています」と話してくれました。ぜひ「和正農作」を訪れて、台湾産小麦粉で作ったおいしいパンを味わってみてくださいね。
(記者:Way)

地図

【和正農作】
住所:新北市淡水區學府路73巷10號
電話:02- 2625- 0711
営業時間:12:00-21:00
定休日:無
交通:MRT淡水駅から徒歩約8分
URL:https://www.facebook.com/bakerkitchen

Loading...

▲ページトップへ戻る