2016年2月3日

激辛鍋であなたの胃袋を温めよう! 麻妃頂極麻辣鴛鴦鍋

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

店内の様子

店内の様子

テーブルいっぱいの料理

テーブルいっぱいの料理

お店の看板

お店の看板

美國雪花牛

美國雪花牛

 寒い冬は、やはり熱々でスパイシーな麻辣鍋(激辛鍋)を食べるに限りますよね!便利でにぎやかな東エリアの復興北路に位置し、麻辣鍋のお店がひしめきあう東エリアの中でも、天然素材と手作りをモットーとする絶品の麻辣鍋を提供しているお店、それが「麻妃頂極麻辣鴛鴦鍋」です。

 「麻妃頂極麻辣鴛鴦鍋」はもともと新北市三重区で評判の高いお店で、三重本店の経営方針と味をそのまま復興店でも提供しています。また、現代社会における食の安全を考慮し、食材の新鮮さと天然さに重点をおいて安心して飲める健康的なスープ作りにこだわっているため、化学調味料などは使用していません。スープは長時間煮ても濃くならず、口に入れても喉の渇きを感じることがありません。

 一歩お店に足を踏み入れると、黒紫色の派手な色彩が目に入り、暖色系の照明が作り出す視覚感が素敵な雰囲気を醸し出しています。メニューは、単品食材オーダー形式を採用しています。また、スープは一人110元で「麻辣鍋」、「蔬菜鍋(野菜鍋)」、「酸菜鍋(白菜の酢漬け鍋)」のそれぞれ異なった特徴の三種類のスープを味わうことができるんですよ。もし一度に2種類のスープを味わいたい方は、「麻辣蔬菜鍋」、「麻辣酸菜鍋」、「酸菜蔬菜鍋」などの鴛鴦鍋(おしどり鍋)にもできますよ。

 中でも「麻辣鍋」は、もちろん麻辣鍋店ではオーダー必須のメニューです。他の麻辣鍋店と異なり、辛さを「香麻(香りよく舌が痺れるような辛さ)」風味に代えています。スープには青唐辛子、花椒、甘草、ライラック、レモングラスなど数十種類の漢方薬と香辛料を取り入れ、更に、豚の大骨、氷砂糖、野菜で作ったスープを加え、弱火で8時間以上煮込みます。化学調味料も加えていないので、長時間煮ても塩辛くなく、花椒の辛さが一口また一口とやみつきになるおいしさです。また、「鴨血(鴨の血を固めたもの)」、「豆腐」、「麻辣蘿蔔(ピリ辛人参)」が無制限でおかわり自由なんですよ。新鮮で弾力のある豆腐と鴨血はどちらも、スープのエキスと香りをたっぷりと吸収し、とろけるような美味しさです。「蔬菜鍋」は有機栽培された生姜、玉ねぎ、にんにく、セロリなど5種類の野菜を使用し、更に豚の大骨を加え数十時間煮ています。スープはさっぱりと甘く、特選の「蛤蜊(ハマグリ/118元)」など新鮮な海鮮を加えると、甘味が倍増しますよ。

 スープの他、他の食材に対しても品質と味にこだわりを持っています。「美國雪花牛(アメリカ産霜降り牛/448元)」は、純穀物で飼育された健康的なアメリカ産牛肉を使用しています。脂分がきめ細かく均等なため、まるで雪の結晶が赤い艶やかな肉上に散らばっているかのようなんですよ。箸で軽く肉を挟み、そして鍋の中に5、6秒ほど浸し口の中に入れると、柔らかくきめ細かな肉質が感じられますよ。「老油條(揚げパン/68元)」は、麻辣鍋を味わう上で絶対に外せない食材です。サクサクに揚げられた油條を沸騰した麻辣鍋の中に数十秒入れ再び箸で挟み取ります。柔らかいながらもサクっとした口当たりと風味は絶品で、これこそがまさしく台湾人の麻辣鍋の食べ方なんですよ!

老油條、蛤蜊

老油條、蛤蜊

麻辣蔬菜鍋

麻辣蔬菜鍋

 この他、秘伝のタレで煮込んで作られた滷味(台湾風煮込み)もおすすめですよ。醤油、生姜、八角など数種類の漢方を合わせていて、「黑雞腳(鶏の爪)」、「鴨翅(手羽先)」、「滷米血糕(もち米の豚血固め)」(35元/各一つ)などがあります。また、お店では麻辣鍋を楽しみながら、「家傳滷味大拼盤(家伝の滷味プレート/438元)」を味わっているお客さんをよく見かけます。

 お店のコンセプトである天然食材の追及とヘルシーな食生活が、麻辣鍋の視覚、嗅覚、味覚と見事に融合しています。一口食べただけできっとやみつきになること間違いなしですよ。
(記者:Miko)

地図

【麻妃頂極麻辣鴛鴦鍋】
住所:台北市中山區復興北路48號
電話:02-2711-6780
営業時間:11:00-24:00
定休日:無し
交通:MRT南京復興駅より徒歩3分
URL:http://www.mafeihotpot.com/

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る