2015年12月28日

日本人お茶ソムリエによるテイクアウト専門ドリンク店 honey & moon 蜜月原作鮮果茶飲

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

蜂蜜檸檬翡翠綠茶

蜂蜜檸檬翡翠綠茶

日月潭蜂蜜檸檬紅茶

日月潭蜂蜜檸檬紅茶

新鮮なレモン

新鮮なレモン

新鮮な素材

新鮮な素材

井上尚哉さんの紹介

井上尚哉さんの紹介

蜂蜜凍頂拿鐵

蜂蜜凍頂拿鐵

閉店いたしました。

 MRT市政府駅から徒歩5分、可愛らしいオリジナルキャラクター・白熊のムーンちゃんと、ミツバチのハニーちゃんが目印の「honey & moon 蜜月原作鮮果茶飲」は、日本人お茶ソムリエによる、茶葉と蜂蜜にこだわりを持ったテイクアウト専門ドリンク店です。

 オーナーの水野さんは、6年前に台湾でシュークリーム店「Laetitia」をオープン。現在台湾全土に8店舗構え、来年2016年は約15店舗に増える予定だそうです。

 そして、2015年7月3日にオープンしたのが「honey & moon 蜜月原作鮮果茶飲」です。台湾には多くのジューススタンド店があり、台湾のOLたちがランチの後にドリンクを買って飲む様子を見て「台湾のジューススタンドのドリンクは、食後のデザートのような感覚なのではないか」と考えたのが、「honey & moon 蜜月原作鮮果茶飲」が誕生するきっかけになったと水野さんは話します。

 お茶ソムリエの井上尚哉さんは、もともと日本で商社に務めていましたが、中国茶の世界に魅かれ、2013年中国国家資格の中国茶芸師・評茶員の資格を取得、2014年に台湾へ渡ってきました。その後、お茶の勉強のため茶芸館に務めていたところ水野さんと出会い、「honey & moon 蜜月原作鮮果茶飲」創業へとつながりました。

 日本ブランドのお店は台湾に数多くありますが、「honey & moon 蜜月原作鮮果茶飲」が他のお店と異なるのは、日本の商品を台湾でそのまま売るのではなく、日本と台湾でタッグを組み、台湾のニーズに合わせたものを提供しているという点。台湾産の良質な素材を使用しており、南投の茶葉、台中の100%蜂蜜のほか、屏東から仕入れたレモンは毎朝生絞りしているそうで、強いこだわりを持っているのが窺えます。

 一番人気の「蜂蜜檸檬翡翠綠茶(蜂蜜レモン翡翠緑茶/55元)」は、甘さ控えめで、レモンの味がしっかりと感じられる、サッパリとした飲み口の緑茶ドリンクです。茶葉をジャスミンの花と一緒に燻しているので、口に含むと微かにジャスミンの香りが感じられます。

 「日月潭蜂蜜檸檬紅茶(日月潭蜂蜜レモンティー/55元)」は、上質な日月潭の茶葉を使用した、紅茶の芳醇な香りをふんだんに感じられる蜂蜜レモンティーです。100%純蜂蜜と、レモンの酸味が絶妙にマッチした、さわやかな口当たりのドリンクです。

 「蜂蜜凍頂拿鐵(蜂蜜凍頂ラテ/60元)」は、新鮮100%牛乳と凍頂烏龍茶のラテ。お茶の香ばしさと、こっくりとした蜂蜜の味わい、そしてミルクの香りが充分に感じられます。

生薑蜂蜜檸檬

生薑蜂蜜檸檬

カウンター

カウンター

 冬期限定メニュー「生薑蜂蜜檸檬(ジンジャー蜂蜜レモン/60元)」は、この時期イチオシのドリンク。台湾産生姜を煮込み、より辛さを引き立てています。蜂蜜とレモンのそれぞれの味の調和が取れていて、優しい甘さの中に生姜の辛さが効いています。

 季節限定メニューは、年に3回ほどリニューアルされ、冬限定メニューは12月から3月までの提供予定です。
 ちなみに、ホットドリンクの温度は60度前後とやや低め。これは蜂蜜の風味と栄養を損なわないためなのだそう。ドリンクの甘さの調整も可能ですが、もともと甘さは控えめなので、調整なしの「正常」でも甘すぎず、ちょうど良い甘さ加減のドリンクを味わえますよ。
 日本と台湾のコラボレーションによって生まれた、こだわり抜いた素材からできたドリンク。あなたも食後のデザート感覚で味わってみませんか?
(記者:雪希(ゆき))

地図

【honey&moon 蜜月原作鮮果茶飲】
住所:台北市信義區永吉路30巷115號
電話:02-2749-5866
営業時間:11:30-21:00
定休日:なし
交通:MRT市政府駅4番出口から徒歩約5分
URL:http://honey-moon.com.tw/

Loading...

▲ページトップへ戻る