2015年12月7日

体内環境をリセット NY発祥のコールドプレスジュース JUICY DIARY

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
外観

外観

店内カウンター

店内カウンター

カウンター内のコールドプレスジュース

カウンター内のコールドプレスジュース

ミニ6本セット

ミニ6本セット

店内の様子

店内の様子

カウンター上のメニュー

カウンター上のメニュー

 おしゃれエリア東区のコールドプレスジュース店「JUICY DIARY」台湾人のご主人と台湾マレーシアハーフの奥さまというご夫妻が、アメリカで2年間の研究開発を経て、あちらでは既に主流となっている海外セレブやモデル愛飲のコールドプレスジュース専売店を昨年10月にオープンしました。

 コールドプレスジュースとは、野菜やフルーツをスロージューサーでジュースにしたもの。ニューヨークが発祥で、アメリカの大都市ではすでに定番のヘルシードリンクとなり、日本でも人気が出始めています。

 アメリカで出会ったというご夫妻は、それぞれ10代で海外へ、卒業後はブランド品の会社で働いていましたが、当時アメリカでブームになっていたコールドプレスジュースに魅せられ、2年間の研究開発後、その技術を台湾へ持ち帰ったのです。

 「JUICY DIARY」は、アメリカのHPP低温高圧殺菌処理技術を用い、厳選された野菜やフルーツをジュースにしています。100%無添加なので、2〜3歳のお子さんからお年寄りの方まで安心して飲むことができるそうです。

 「Chia Seeds Coconut Water」は、タイ産のココナッツを使用。お酒を飲むときのチェイサー代わりとして飲むと二日酔いになりにくいとか。また「Natural Rose Coconut Water」は、バラの花びら入りで見た目も美しいココナッツウォーター。屏東の大花農場の食用バラを用い、香料は一切使用していません。最近新しく登場した「ROOTS 4」は、パイン、レモン、ビートのジュース。鉄分補給に最適で女性におすすめ。「CITRUS 3」は、りんご、梨、キウイ、レモン、セロリのジュース。むくみやすく、元気になりたい方に。

試飲

試飲

軽断食セット

軽断食セット

 「GREEN 6」は、ケールとオレンジのジュース。寒い地域でしか育たないケールは、夏はカリフォルニアから、冬は台湾の小さな農場から仕入れているそうです。「Charcoal Lemonade」は、活性炭とアガベシロップ、カイエンペッパー、レモン、濾過水のジュース。活性炭は、人体へ吸収しないため、体内の化学物質を一緒に排出するらしく、お酒を飲み過ぎた日は、これを飲むとアルコールの排出を助けるため、二日酔いも和らげるとか。店内では試飲も可能なので、気になる味があったら是非試してみてくださいね。

 また、軽断食プログラムのセットもあり、1日6本の推奨ドリンクを決められた時間に飲むというもので、胃腸を休め、体内環境をリセット。1ヶ月に1回、3回、5回程度、それぞれ体質に合わせて行うのが適切だそうです。

 価格が1本250元(ミニサイズは150元)のコールドプレスジュース、まだ認知度が低かった頃は、価格面で高額という声もあったそうですが、原材料のコストや効果の面から考えると適当で、近頃は台湾でも徐々に広まりつつあります。

 現在、台湾ではジムでの販売や、ファッションイベントでの提供と、「JUICY DIARY」の活躍の場はどんどん広がってきています。もともと女性の間で美容のためのドリンクとして買い求める人が多かったそうですが、最近では健康を意識する男性や、野菜嫌いの子どものために買うご家庭も増えているとか。アメリカではすでに定着しているコールドプレスジュースが、台湾でももっと増え、認知度が上がってほしいとオーナーは語ってくれました。

 「JUICY DIARY」は、店内で購入できる他、宅配(台湾国内のみ)も可能だそうです。12月1日より、環境保護活動の一環として、JUICY DIARYの空瓶12本でミニサイズジュースへの交換サービスが始まりました。体の中から綺麗になりたいという方、「JUICY DIARY」でヘルシーライフを始めてみませんか?
(記者:雪希(ゆき))

地図

【JUICY DIARY】
住所:台北市大安區敦化南路一段233巷68號1樓
電話:02-8771-4358
営業時間:月〜土11:00-20:00  日13:30-19:00
定休日:なし
交通:MRT忠孝敦化駅3番出口から徒歩約4分
URL:http://juicydiary.com.tw/

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る