2015年5月14日

こだわりの先にある感動  一禾堂麺包本舖

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

豊富な種類のパン

豊富な種類のパン

海鹽奶油捲

海鹽奶油捲

黒蜜紅豆麺包

黒蜜紅豆麺包

海藻惜歐麺包

海藻惜歐麺包

製パンの様子

製パンの様子

菠蘿麺包

菠蘿麺包

清酒酵母吐司

清酒酵母吐司

 台北東区エリアにある一禾堂麺包本舖は「こだわりの先にある感動」という職人の心をモットーにナチュラルでヘルシーなおいしさを届けるパン屋。開業から1年が経ち、そのおいしさは口コミであっという間に広がりました。店内へ入ると目移りしてしまうほどのパンが並んでいるほか、1分間に45回転する石臼が置かれています。低温低速回転の石臼は、小麦の香りと栄養をしっかりと残します。その小麦をパンに使うと食材の生命力が長持ちするのだとか。酵母も自家培養で温度をしっかりと管理しているので、作り出される味はどこにもない自然な風味が広がります。

 開放的なキッチンでは、パン職人たちが休むことなくパンを作り続けていて、店内では、スタッフが熱心に試食を勧めたり、商品の説明をしてくれます。添加物や遺伝子組み換えの原料などが一切使われていないお店自慢のおいしさを体験することが出来ますよ。

 お店の人気NO.1の「海鹽奶油捲(海塩クリームロール/35元)」はNHKでも紹介されたこともあるそう。出来上がりと同時に、あっという間に売り切れてしまうそうですよ。ヨーロッパのAOP基準が認めたフランスのエシレバター、ブルターニュ・ゲランドの塩の花、更に日本の小麦粉、赤穂の天塩、ヨーグルト菌などを加え、高低温のオーブンで焼き上げる海塩クリームロールは、外はサクサク、中はふわふわ。しつこさはなくアツアツを一口頂くと口の中で食材のおいしさが幾重にも広がります。餡のなめらかなクリームと塩の花の相性も最高ですよ。

 フランスのイズニーバターを使用した「菠蘿麺包(メロンパン/35元)」は毎日300個限定。焼いて焦げ目をつけた砂糖や、卵液を表面に塗った光沢はないので、素朴な印象です。サクサクの食感でほんのりクッキーのような香ばしさが広がり、とてもおいしいですよ。

蜂蜜栗子捲

蜂蜜栗子捲

黃金鳳梨酥

黃金鳳梨酥

 「黒蜜紅豆麺包(黒蜜小豆パン/40元)」の餡には、無農薬で一粒一粒がしっかりとしている台中産の霧峰小豆を使用しています。手作業で摘んだ小豆を厳選したこだわりの小豆で、高雄産の手作り柴燒黑糖を加え口当りなめらか、ほどよい甘さに仕上げています。パンはきめが細かく、小麦の香りが広がり、幸せな気持ちになりますよ。「蜂蜜栗子捲蛋糕(蜂蜜栗ロールケーキ/450元)」は自家製の蜜栗と自然放牧の地鶏の卵を使用していて、ふんわりと優しい甘さが口いっぱいに広がります。

 「清酒酵母吐司(清酒酵母食パン/ハーフ65元、一斤120元)」も人気商品の一つです。熱湯で生地をこねて作ったパンは、ふんわりしっとりとしていて噛めば噛むほど清酒のほのかな香りが広がります。焼くと更においしくいただけますよ。

 お店ではご当地食材を使ったパンの開発にも力を入れています。例えば「海藻惜歐麺包(海草しおパン/65元)」は澎湖島の新鮮な海草、バージンオリーブオイルを加えたパン。モチモチの食感、磯の風味が新鮮な、驚きのパンですよ。台湾へ来たら外せないのがパイナップルケーキですよね。「黃金鳳梨酥(パイナップルケーキ/10個450元)」は、台湾産の土鳳梨と金鑽鳳梨という二つのパイナップルを調合し、ヘルシーなトレハロースと氷砂糖を加え、48時間かけて煮詰め甘酸っぱい餡を作っています。

 おいしいものを作り出すことにこだわる一禾堂麺包本舖に是非足を運んでみてくださいね。
(記者:Eleanor)

地図

【一禾堂麵包本舖】
住所:台北市敦化南路一段233巷34號
電話:02-8773-6965
営業時間:日~木 10:00~21:30 金、土 10:00~22:00
定休日:無
交通:MRT忠孝敦化3番、4番出口から徒歩約3分
URL:https://www.facebook.com/yiihotang

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る