2015年5月13日

全国最長の滑り台がある花見スポット 百果山風景區

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
員林神社遺址の入り口

員林神社遺址の入り口

湖水巷の桜

湖水巷の桜

廣天宮

廣天宮

75mの長い滑り台

75mの長い滑り台

満開の桜

満開の桜

參拜道

參拜道

浩然台

浩然台

子供広場

子供広場

 「百果花香,山泉甘甜,蜜餞可口,風景綺麗(豊富なフルーツと花の香りが漂い、山の泉は甘く、蜜餞は美味しく、景色は素晴らしい)」。この短い詞の中には員林の「百果山風景區」の景色が全て表現されています。2月、3月の花見の時期、人混みを避けて花見を楽しむなら、百果山風景區にある二つの穴場花見スポットを訪れてみませんか。ここには日本統治時代の神社の遺跡もあり、歴史に興味がある人にもおすすめです。それから、子供広場もあり、家族連れにももってこい。全国一長い滑り台を体験してみてください!

 「百果山風景區」は別名「百果山」と呼ばれています。日本統治時代の農業経済政策のため、「員林神社」一帯では果樹園が拡大され、フルーツが豊富に採れました。その後、地域の役所が公営事業の一環でここ一帯を景勝地として整備し、1961年に「百果山風景區」と名付けました。またフルーツの生産が盛んなため、さまざまなフルーツを加工して蜜餞(フルーツの蜜漬け)を作っています。蜜餞の工場は百果山周辺にも広がっていて、蜜餞の甘酸っぱい香りがあちこちに漂っています。このため員林は蜜餞の産地としても有名なんですよ。

 一つ目のスポットの「員林神社遺址」を訪れると、入り口には樹齢数百年にも及ぶ古いクスノキがそびえたっています。その間にある高い鳥居は中国式の牌坊(中国の伝統的建築様式の門)に改装されました。牌坊前には時々、昔懐かしいアイスクリーム屋さんの屋台が現れるそう。運よく出会えたら、ぜひお金を入れて、大きなアイスクリームを引き当ててくださいね!

 鳥居をくぐり、参拝道に沿って歩いていくと、当時作られた石灯篭や銅馬、石獅を見ることできます。日本統治時代に設置された「員林神社」は、1940年に完成しました。戦後、財政不足により、僅かに石燈が置かれ、鳥居下の二つの獅子座上の文字は消され、三つの鳥居の上部に伝統的な廟の牌坊が加えられただけでした。1960年、「員林神社」の本殿は取り壊され、「浩然台」として改築されました。「浩然台」は特別な造りになっていて、一階には涼亭、二階には延平郡王と鄭成功及び国軍の烈士を奉る「忠烈祠」が建てられています。また傍には八掛型(はっけ型)の「忠烈塔」も建てられています。その西側からは員林の街並みを見渡すことができますよ。「員林神社」の本殿の取り壊しにより、神聖な場所が持つ伝説もなくなってしまいましたが、中国式と日本式が融合した「員林神社遺址」は、員林の人たちにとって最高のお出かけスポットになっています。

 「員林神社遺址」を通り抜け、上へと歩き続けると、「廣天宮」へたどり着きます。「廣天宮」は壮大な建物で、視野が果てしなく広がります。主に三恩主と三教主を祀る道教の廟で、大勢の信者が訪れ、一年中線香の煙が途絶えることはありません。そして、本殿の後方の山には「百果山」風景エリアにある二つのうちの一つ穴場花見スポットがあるんですよ。約1ヘクタールにも及ぶ範囲に富士桜と山桜が植えられていて、毎年2月には山道の両側には満開の桜が咲き誇ります。レトロな廟と見事にマッチし、素晴らしい雰囲気を醸し出しています。更に階段を上っていくと、一面に咲く桜が観賞できる絶景ポイントに到着し、員林地区の景色も一望できます。もし桜の季節を逃してしまっても、3月にはツツジが山のあちこちで見られます!

 「廣天宮」後方の山の桜のほか、もう一つの穴場的花見スポット「湖水巷櫻花」も見逃せません。「員林神社遺址」の入り口へ戻り、湖水巷に沿って5分ほど上って行きます。そして全国で唯一の廟学校である「明湖國小」を通り過ぎると道路の両端に咲く満開の山桜を見ることができるでしょう。一列に並んだ山桜はちょうど楊桃觀光果園(スターフルーツ観光果樹園)の傍にあり、可愛いピンクの桜と青々としたスターフルーツの葉が合わさって、とても美しく艶やかな光景です。

 再度「員林神社遺址」の入り口に戻り、右側へ進むと、数十年の歴史を持つ兒童遊樂區(子供広場)があります。週末にはさまざまな屋台も出て、遊んで食べてと楽しい時間を過ごすことができます。更に上へ行くと、全国最長の滑り台があります。2013年に再オープンしたこの滑り台は全長約75メートル。全部で三つのコースがあり、傾斜は約45度。滑り降りる速度はとても速く、刺激的ですよ。対象年齢は7歳以上。滑り台の傾斜が急な上、セメントで作られているため表面が比較的ざらざらとしているので、遊ぶ際には長袖長ズボンを着用するのがおすすめですよ。

 お花見に遺跡、そして刺激的な滑り台が楽しめる員林の「百果山風景區」。ぜひ一度足を運んで、探検してみてくださいね!
(記者:Chloe)

地図

【百果山風景區】
住所:彰化縣員林鎮出水巷12號
電話:04-8347171轉102
営業時間:終日開放
定休日:無
交通:台湾鉄道員林駅からタクシーで約15分

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る