2015年2月5日

アイディア満載のスプーンピザ 瓦薩比薩

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

法式海鮮湯鏟比薩

法式海鮮湯鏟比薩

培根黃金地瓜捲心比薩

培根黃金地瓜捲心比薩

棉花糖摩卡と黑糖雲朵甜心

棉花糖摩卡と黑糖雲朵甜心

オーダーを受けてから作るピザ

オーダーを受けてから作るピザ

蜜桃鴨果醋沙拉

蜜桃鴨果醋沙拉

 台北市の人気ホテル「台北晶華酒店」と「老爺大酒店」付近の路地に、アメリカンカントリー風の内装で、心地よい雰囲気が漂う瓦薩比薩があります。広々とした店内は、レンガタイル、木目調の床、無垢材のテーブルと椅子、温かみのある黄色の照明をベースにデザインされています。そして透明なガラスが張り巡らされたキッチンこそ、店内で大注目してしまう場所なんですよ。驚くべきメニューもさることながら、キッチンでピザを作るシェフたちの様子は、まるで料理ショウを見ているかのようで、楽しい驚きを与えてくれますよ。

 瓦薩比薩では、アメリカンスタイルのメニューのほかに、パスタやリゾットが融合した料理も提供しています。また、アイディアを駆使して、厳選した台湾のご当地食材をアメリカンスタイルにアレンジした、絶妙な味わいが楽しめます。研究スタッフが世界中を周って様々な体験をし、豊富なアイディアを台湾へと持ち帰って、お店オリジナルの創作料理を作っているそうですよ。

 創作料理といえば、「湯鏟比薩(スプーンピザ/320元)」は食べてみる価値のあるお勧めメニューです。豊富な具材と数種類のチーズを合わせた濃厚なソースを直接オーブントレーにのせ、ガーリックオイルを練り込んで味を引き立てたピザ生地が添えてあります。このピザ生地でソースをすくっていただくのが、お勧めの食べ方なんですよ。また、お好みで具材の量やソースも選ぶことができます。クリームソース、トマトソースのほか、バジルソースも合わせることができます。もっちりとした食感がたまらない、「さすがは看板料理!」といえる一品ですよ。

 ご当地食材を使用して作られたアメリカン料理では、「培根黃金地瓜捲心(ベーコンとスイートポテトのスタッフィング/9インチ220元・12インチ320元)」がお勧めです。ピザ生地に南投産の紅芋の餡を練り込んでいるんですよ。香りよく甘いさつま芋の旨みは、他の調味料などいらないほど。蒸してペースト状にしたあと、生地の耳と底の部分に使用しています。食べてみるとチーズのしつこさが軽減されているだけでなく、薄くてカリカリのベーコン、小さくカットされたポテトが混ざり合い、アーモンドスライスが香りを引き立てています。塩気と甘みが入り混じった新鮮な旨みが感じられます。やみつきになるピザですよ。「珍珠美人魚義大利麵(カレイのフィレットバジルソースパスタ/230元)」は、新鮮なカレイ、アスパラガス、ハマグリが使用されていて、バジルソースパスタとの相性は抜群ですよ。サラでお勧めなのが「蜜桃鴨果醋沙拉(合鴨胸肉と黄桃のサラダ/160元)」です。4種類の野菜と、クランベリー、黄桃、宜蘭産の合鴨を合えたサラダで、甘酸っぱい桃のドレッシングを混ぜていただくと、さっぱりとした味わい。前菜にも、食後の口直しにもぴったりで、メイン料理を存分に引き立ててくれますよ。

珍珠美人魚義大利麺

珍珠美人魚義大利麺

青檸美梅冰茶と青檸搖擺果樣

青檸美梅冰茶と青檸搖擺果樣

 ドリンクも豊富で、価格も一般のアメリカンレストランに比べてお手ごろです。「黑糖雲朵甜心(ブラウンシュガーミルクティー/100元)」は、ミルクティーをベースに、上には生クリームで3つの雲が描かれ、黒糖がまぶしてあります。ほんのりとした甘さは、サラダにもよく合いますよ。甘いものが大好きな人は「棉花糖摩卡(マシュマロモカチョコレート/110元)」は逃さないでくださいね。まさに本場アメリカのドリンクですよ。さっぱりとした甘酸っぱいドリンクなら、ソーダー水にレモン果汁を加え、レモンスライスと生クリームをのせた「青檸搖擺果樣(レモンモクテル/90元)」や、梅肉入りの「青檸美梅冰茶(レモンプラムドリンク/90元)」もお勧め。どれも大人気のドリンクです。

 お店を訪れたら、食べることへの罪悪感は捨てて、ぜひアイディアあふれるアメリカン料理を楽しんでくださいね!
(記者:Allie)

地図

【瓦薩比薩(中山店)】
住所:台北市中山北路二段27巷2號
電話:02-2562-3360
営業時間:11:00~21:30
定休日:無し
交通:MRT中山駅2番出口から徒歩約5分
URL:http://www.vasa.com.tw/

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る