2014年12月22日

コインランドリーとカフェがひとつになった 穿越九千公里交給你 Wash coffee

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の入り口

お店の入り口

黑胡椒奇異果米布丁塔

黑胡椒奇異果米布丁塔

藍莓千層派

藍莓千層派

インダストリアル風の空間

インダストリアル風の空間

ランドリールーム

ランドリールーム

コンテナを再利用したドア

コンテナを再利用したドア

Pocky棉花糖法芙娜可可

Pocky棉花糖法芙娜可可

 「穿越九千公里交給你Wash coffee」は、台湾では珍しいコインランドリーとカフェが一緒になったお店です。お店は静かな住宅街の中にあり、1本隣の道はビジネス街の敦化北路です。騒がしい都市の生活の中で、洋服を洗濯しに来て、洗い終わるのを待ちながら、心温まるコーヒーを楽しみ、静かにのんびり過ごすことができます。これぞ、多くの都会人が求める「小確幸」空間です。

 店内に入ると、至るところにオーナーのアイデアが見てとれます。入り口の黄色いドアは、廃棄コンテナを再利用していて、鉄工加工してもらったものに、オーナーがペンキを塗り文字を貼り付けました。テーブルは、基隆港で拾った古い板に手を加えて作ったものです。コーヒーの麻袋を釘で打ち付け、他にはないオリジナルテーブルクロスに仕上げています。入り口のボクシンググローブと自転車、小部屋にあるエレキギター、ロックミュージック、人懐っこい看板犬Goldenなど、趣味を取り入れたインテリアがユニークな空間となっています。

 お店のスイーツはどれも、その日に手作りされたもの。毎日ランダムに4~5種類を数量限定で販売しています。「黑胡椒奇異果米布丁塔(黒胡椒キウイのお米プリンタルト/160元)」は、とてもおもしろいスイーツで、少し固めのタルト生地の上にのっているのは、白ご飯とミルクとバニラを煮込んだお米プリン。良い香りで甘みがあり、まるで昔から知っているかのような懐かしさを感じる味わいです。挽きたての黒胡椒をふりかけたキウイフルーツは、味がケンカしそうかなと思いきや、お米プリンと相性抜群でほどよいバランスです。「Pocky棉花糖法芙娜可可(Pockyマシュマロ入りヴァローナココア/160元)」 は、フランスのチョコメーカー、ヴァローナの100%無糖ココアパウダーを使い、ミルクの泡とふわふわのマシュマロを合わせています。ほどよい甘さで、チョコレートの香りが強すぎることもなく、口に入れた瞬間に美味しさが広がります。チョコレートの風味が好きだけど甘すぎるのは苦手、太りたくないという人にもぴったりですよ。

米鬆餅 (鮪魚)

米鬆餅 (鮪魚)

お店の看板犬GOLDEN

お店の看板犬GOLDEN

 また、「藍莓千層派(ブルーベリーパイ/200元)」もおすすめです。サクサクに焼き上げたフランスパイの中に、さっぱりとしたレモンカスタードと新鮮なブルーベリーが挟み込まれていて、一口食べるとはまってしまいますよ! ただ、パイ生地を作るのは手間がかかるため、火曜日限定のスイーツとなっています。新作の「米鬆餅(お米ワッフル/160元)」は、外はカリッと中はふんわりのワッフルに鮪魚鬆(マグロふりかけ)が挟まれていて、蜂蜜照り焼きソース、かつおぶしをかけ、韓国キムチと海苔が添えてあります。見た目はアメリカ風のワッフルですが、食べてみると日韓の味わいで、意外な組み合わせのおいしさに驚かされます。アイデアと満腹感の両方が味わえる一品ですよ。

 一袋の洋服、一冊の本、一杯のコーヒー、一皿のデザート。一人、偶然の組み合わせの中に身を置いてみれば、いつもの日常に新しい何かを見つけられるかもしれません。
(記者:Diane)

地図

【穿越九千公里交給你 Wash coffee】
住所:台北市民權東路三段160巷19弄16號
電話:09-7229-9822 / 09-8019-1138
営業時間:12:00〜24:00(22時以降はイタリアンコーヒーのオーダー不可)
定休日:月曜
交通:MRT中山國中駅から徒歩約6分
URL:https://www.facebook.com/travelled9000km

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る