2014年9月26日

台湾と西洋の茶文化を融合 Colive Tea House

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
店内の様子

店内の様子

英式SCONE午茶組 と清焙烏龍

英式SCONE午茶組 と清焙烏龍

英式蘋果派午茶組 と迷戀東方

英式蘋果派午茶組 と迷戀東方

夏綠蒂歐蕾

夏綠蒂歐蕾

島嶼風情水果茶

島嶼風情水果茶

お店の外観

お店の外観

オリジナルティーバッグ

オリジナルティーバッグ

 永春駅の近くにある「Colive Tea House」は、お茶のブランド「Colive Tea」の第一店舗目の直営店です。店内は、大きなガラス張りの窓と木の質感を合わせた控えめで明るい空間です。素朴な印象のブランドイメージと同じく、百年の歴史ある台湾の茶文化のすばらしさが伝わってきます。

 「Colive Tea」は6年前に設立されたブランドで、現在は様々なホテルやカフェなどで使用されています。次のステップは、外国にも台湾茶の魅力を伝えることで、国際的な発展を目指したいと考えています。「Colive Tea」では、一般的な台湾茶とは違い、西洋風の香りを合わせ、文化融合の新しい味を作り出しています。また、すべて台湾産の有機茶葉を使っているほか、香り付けの原料は、一部を自家製、一部は外国から仕入れ、安心品質のお茶づくりにこだわっています。

 「英式SCONE午茶組(イギリス風スコーンセット/250元)」は、日本産の小麦粉を使っていて、外はカリカリ、中はふわふわの食感です。添えられたジャムは自家製のウーロン茶ジャムと紅茶ジャムです。茶エキスと日本産の三温糖で作ったジャムは、濃厚なお茶の味が、クリームチーズにぴったり。東洋と西洋が入り交じった最高の味わいです。

 セットメニューのドリンクは120元以下から選ぶことができます。「清焙烏龍(軽焙煎ウーロン茶/単品120元)」は南投産の高山ウーロン茶を使っています。大地の恵みを凝縮した軽焙煎の茶葉は爽やかな香りがあり、上品な味がします。茶器もお店のアイデア商品です。ステンレス製で、茶葉が十分に広がり、しっかりとした香りが楽しめます。

 「英式蘋果派午茶組(イギリス風アップルパイセット/260元)」はニュージーランド産の青リンゴを使い、ラムレーズンとリンゴブランデーを合わせています。熱々のアップルパイにバニラアイスをのせた、イギリス風アップルパイで、口に入れた瞬間、幸せな味わいが口の中に広がります。セットドリンクの「迷恋東方(シナモンティー/単品120元)」は、台湾の紅茶にスリランカの有機シナモンと低温乾燥のドライイチゴを加えていて、ほんのりフルーツの風味が漂います。シナモンの香りは控えめなので、シナモンが苦手な人にもおすすめですよ。

 「燻鶏馬鈴薯三明治套餐(スモークチキンとポテトのサンドセット/250元)」は、自家製のポテトサラダとスモークチキンの噛みごたえのあるトーストサンドです。トーストはマスタードオイルとオーリブオイルが塗ってあるだけで、さっぱりと飽きのこない味わい。健康的な一品です。「栗子戚風蛋糕(栗のシフォンケーキ/90元)」は、フランスから仕入れた栗ソースを使い、ふわふわのケーキと濃厚な栗の味が、お茶にぴったりですよ。

燻鶏馬鈴薯三明治

燻鶏馬鈴薯三明治

栗子戚風蛋糕

栗子戚風蛋糕

 また、看板メニューの「夏綠蒂歐蕾(ウーロン茶オレ/150元)」は、ウーロン茶シロップとウーロン茶パウダーを使った、ここでしか飲めない、こだわりの一品。「島嶼風情水果茶(台湾フルーツティー/150元)」は台湾産のリンゴやイチゴ、紅茶などをブレンドしたもので、添えられたパイナップルの砂糖漬けをお茶に入れると、不思議なことに台湾の昔懐かしの味に変わります。ほっと心が落ち着く味わいですよ。

 「Colive Tea House」では台湾の茶文化と西洋の茶文化を融合させた新しい味わいが楽しめます。お茶に興味がある人には見逃せないスポットですよ。
(記者:ELISA)

地図

【Colive Tea House】
住所:台北市忠孝東路五段345巷1號1樓
電話:02-2768-6768
営業時間:09:00-21:00
定休日:無
交通:MRT永春駅より徒歩約5分
URL:https://www.facebook.com/ColiveTea

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る