2014年9月3日

世界の料理が味わえるお弁当 米食Rice Kitchen

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

米麵包

米麵包

勃根地紅酒燉牛肉套餐

勃根地紅酒燉牛肉套餐

北海道乳酪蛋糕

北海道乳酪蛋糕

店内の様子

店内の様子

新加坡沙嗲鶏腿排米食餐盒

新加坡沙嗲鶏腿排米食餐盒

 フランスの牛肉の赤ワイン煮込み、シンガポールのチキンサテ、日本のハンバーグ、南仏のマトウダイのフライ。料理名を聞いただけではレストランのメインディッシュのようですが、実はすべてお弁当のおかずです。「米食Rice Kitchen」は、これらのおかずをお弁当箱に詰めてデリバリーしてくれる新しいタイプの弁当屋です。シェフの張傳卿さんは小さい頃からシェフになるのが夢で、28歳という若さですでに13年もの経験があります。高級ステーキレストランの「王品」、イタリア料理や鍋料理店を展開している三澧グループ、コーヒーチェーン店の85℃などの有名企業で経験を積んだ後、創業することを決心し、同年代の仲間とともに健康的でおいしく、かつ地球に優しい無国籍のキッチンを立ち上げました。

 ヘルシーにこだわる米食は、台湾の生産履歴のあるお米を使用していて、イートインでも、テイクアウトでも無料でお米を増量できます。また、すべてのメニューで添加物は使用せず食材本来の旨みをいかして、塩、胡椒、砂糖などで調味しているほか、あんかけなどに使う片栗粉はお米から作られた米漿(米のペーストのようなもの)で代用しています。パン食を好むお客向けには、台湾産のお米と自家製酵母、フランスの小麦粉を混ぜ合わせて作った「米麵包(お米パン/単品60元、セットにプラスする場合30元)」を用意。お米の香ばしい香りが広がりますよ。表面のチーズと黒ごまが合わされば咬めば咬むほどおいしく、もちっとした食感が楽しめます。

 お弁当箱からも米食の心遣いが見て取れます。台湾では、テイクアウトは紙製の仕切りのないお弁当箱が一般的ですが、米食ではおかず同士が混ざり合わないようスペースが分かれていて、汁漏れもしない耐熱温度が最も高いPP素材を使ったお弁当箱を使用しています。高温対応の容器なのでお弁当が冷めてしまっても、蓋をはずせばそのままレンジで温めることができ、安心して使用できますよ。お弁当は「舒食餐盒(ロハス弁当/110元~)」と「米食餐盒(オリジナル弁当/145元~)」に分かれていて、メインのおかずを選ぶことができます。米食餐盒はメインが25パーセント増しになるほか、フルーツサラダがついてきます。「新加坡沙嗲鶏腿排米食餐盒(シンガポールチキンサテ弁当/170元)」は鉄板で焼いた皮がパリッとしていてジューシーです。サテソースにサルサソースの組み合わせは食欲をそそります。牛肝菌菇蛋(ポルチーニ茸の卵焼き)は弾力のある食感で香りが口の中に広がります。

斑馬摩卡咖啡

斑馬摩卡咖啡

 ゆっくり座って料理を楽しみたいという場合も問題ありませんよ。「勃根地紅酒燉牛肉套餐(牛肉の赤ワイン煮込みセット/250元)」は中落ちカルビとショートリブを4時間かけてじっくりと煮込んだ料理で、柔らかい中にもしっかりとした歯ごたえもあります。もう少しゆっくりしたい方には「斑馬摩卡咖啡(カフェモカ/170元)」に「北海道起司蛋糕(チーズケーキ/単品120元、ドリンクセットで20元引き)」がおすすめ。カフェモカは「湛盧咖啡」のコーヒー豆を仕入れていて、とても香り高いですよ。ベリージャムが挟んであるチーズケーキを食べながらコーヒーを飲めばこの上ないおいしさです。

 米食は、お弁当はただお腹を満たすだけでなく、満喫タイムに成り得るということに気づかせてくれますよ。
(記者:Eleanor)

地図

【米食 Rice Kitchen】
住所:台北市明水路397巷5號
電話:02-2533-1215
営業時間:月曜-金曜11:30-14:00/16:30-20:30 土日10:00-20:00
定休日:無休
交通:MRT大直駅3番出口から徒歩約3分
URL:https://www.facebook.com/RK0418?fref=ts

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る