2014年7月29日

産地直送! 台湾産オーガニック食堂 呷米共食廚房

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

二階の様子

二階の様子

醤烤大總匯

醤烤大總匯

夏季拼盤

夏季拼盤

玫瑰麵包套餐

玫瑰麵包套餐

一階の様子

一階の様子

産地も記された手書きメニュー

産地も記された手書きメニュー

 「シンプルに、ヘルシーに、地元のオーガニックフードを、産地直送で」。これは、ここ最近台湾で流行りつつある、自然に寄り添ったライフスタイルで、農家の取り組みや有機食材に、社会が関心を寄せ始めています。台北二二八公園のそばにある呷米共食廚房は、そんなコンセプトから生まれたヘルシーな食堂です。店名の「共食厨房」には、台湾オーガニックフードを知ってもらうだけでなく、お客に、「共食」の面白さを体験してほしいという想いが込められています。オーナーは、「現在の規模はまだ小さく、契約農家にも限りがありますが、ビジネスモデルを確立させ、多くのエコ料理人が参入するようになれば、より多くの人に本当にヘルシーでおいしい台湾産食材を提供できる」と熱く語ってくれました。

 オーナーの邱馨慧さんは、環境保護団体に所属していたことがあり、海外のオーガニックレストランへ視察に行ったこともあるそうです。料理好きのオーナーにとって、オーガニックレストランを開くは大学時代からの夢でした。もう一人のオーナーの楊佩珍さんは、もともと仕事で農業に携わる事が多く、もっと農家の人に協力したい、もっとオーガニックフードを広めたいと考えていたそうです。そんな二人の夢が融合し、ついに2013年11月オープンしたのが呷米共食廚房です。店内で販売されている商品や食材は、一軒一軒農家を訪問、視察し、直接仕入れた納得の食材ばかり。台湾以外で生産された一部商品も、すべてフェアトレード商品です。こうした仕入れ方法は、時間もコストもかかる上、季節や契約農家の生産状況によって食材の状態が異なるので、シェフの腕が試されるところなのだそうですよ。

 「呷」は台湾語で「食べる」という意味で、三種類のセットメニューにはすべてこの文字が入っています。「呷歡喜」「呷幸福」「呷滿足」の3つのセットは、すべて220元。選び抜いた旬の食材でつくるメニューは、仕入れた食材によって定期的に替わります。呷幸福の「醬烤大總匯(グリル野菜の盛り合わせ)」は産地直送の新鮮な野菜に、タレをかけてグリルしたもので、野菜の甘みが引き出されています。赤飯、サツマイモご飯など、日替わりご飯に、作りたての三種の付け合わせ野菜、飲み物、具だくさんスープが付いてボリュームたっぷり、かつ野菜本来の味が楽しめるセットですよ。

台湾産オーガニック野菜の売り場

台湾産オーガニック野菜の売り場

選べるお土産

選べるお土産

 呷滿足の「夏季拼盤(サマープレート)」は一見シンプルですが、実は手間暇かかった一品。台湾産の小麦粉に、味を引き立てる農家特製のバジルソース、ニンジン、キャベツを混ぜて焼いた、もっちり食感のお好み焼き風プレートです。フレッシュ野菜にゆずドレッシング、無糖かぼちゃの豆乳スープがついて、夏の暑い日にもぴったりの爽やかなセットです。最近新登場した「玫瑰麵包套餐(ローズパンセット)」も同じく台湾産の小麦粉を使った手作りのパンと、ゴマとバナナの豆乳、和風サラダがセットになっていて、ヘルシーで、とてもおいしいです。

 この他にも店内では台湾産の有機茶葉や特産品のお土産も販売しています。安心、ヘルシーでプレゼントにも、もちろん自分用にもおすすめですよ。
(記者:Allie)

地図

【呷米共食廚房】
住所:台北市衡陽路9號
電話:02-2523-0527
営業時間:月曜-土曜 11:30-21:00
定休日:日曜
交通:MRT台大醫院駅1番出口から徒歩約3分
URL:https://www.facebook.com/Ricerevolutioneco

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る