2014年5月23日

本場韓国のから揚げ 都教授韓國炸雞

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の飲食スペース

店内の飲食スペース

特製のソースで煮るから揚げ

特製のソースで煮るから揚げ

胡麻山葵口味

胡麻山葵口味

香檸炸年糕

香檸炸年糕

店先の飲食スペース

店先の飲食スペース

韓国のドリンク

韓国のドリンク

 台湾にも多くの韓国料理店があり、どれも魅力的で、多様な韓国文化を知ることができます。B級グルメの「鶏のから揚げ+ビール」はやみつきになる組み合わせです。最近、台湾ではあちこちにお店ができ、じわじわと人気を広めているんですよ!台北の MRT中山駅付近にある都教授韓國炸鶏もその一つです。

 見た目はシンプルな韓国のから揚げも実は奥が深いのだそう。オーナーの魏さんは「本場の韓国の味を堪能してもらうために、準備に半年かかりました。シェフ経験のあるスタッフが韓国へ赴き、老舗のから揚げ店で学んだんですよ」と話してくれました。から揚げの味付けは4種類あり、基本の「原味甘醤(甘ダレ)」、ご当地風味の「韓國辣醬(ピリ辛ダレ)」のほか、台湾人の嗜好に合わせてシェフが開発した「韓國甘辣(甘辛ダレ)」と「胡麻山葵(ゴマわさびソース)」があります。また、お店で使う食材やビール、ジュースなどのドリンクの多くは、直接韓国から輸入しています。台湾にいながら本場韓国のから揚げを堪能することができますよ。

 韓国のから揚げは調理過程がとても複雑です。柔らかくて肉汁を多く含んだ手羽元と手羽先を厳選し、24時間タレに漬けます。オリジナルの衣を2回に分けてつけ、高温で軽く揚げます。次に特製ソースを煮立てた鍋に半生のから揚げを入れ、肉に火を通します。ソースが鶏肉に染み渡りよく絡み合えば、本場韓国のから揚げのできあがりです。いかにから揚げのサクサク感とジューシーさを残し、均等にソースを絡ませるかがポイントで、シェフの腕のみせどころなのだとか。口に入れた瞬間、ソースと新鮮な鶏肉の深い味わいが口の中に広がります。のどごしさっぱりの冷たいビールとマッチし、韓国人が大好きなのもうなずけます!

韓國甘辣口味

韓國甘辣口味

気の合う友人との食事にぴったり

気の合う友人との食事にぴったり

 お店では、オーダーを受けてから作ることにこだわっています。人気ナンバーワンのメニューは、「韓國甘辣(甘辛ダレ/中195元)」です。ほのかな辛さ、甘み、酸っぱさが混ざりあっていて豊かな味わいです。スパイシーな味が大好きな方は逃せませんよ。一緒についてくる「炸年糕(揚げトッポギ)」もから揚げによく合い、ボリュームをアップさせています。甘酸っぱい「醃白蘿蔔(大根漬け)」は、口の中をさっぱりとさせてくれますよ。何回食べても飽きないのが「胡麻山葵(ゴマわさびソース/中205元)」です。ツーンと辛いわさびが混ざりあい舌に刺激を感じます。この辛さは後に残らず、逆に食欲がそそられる一品ですよ。

 もっと食べたい時には「香檸炸年糕(レモンがけ揚げトッポギ/100元)」もおすすめです。韓国産のトッポギを油で揚げたあと、ソースをかけます。食べる際は備え付けのレモンスライスを搾って食べてくださいね。ほのかな酸っぱさと爽やかな口当たりは女性受け抜群のメニューです。そしてから揚げにビールは外せないでしょう。お店では韓国で大人気のビール2種を取り扱っています。熟成した麦の味が香るビールが大好きな方は「海特啤酒(海特ビール/70元)」を、薄い味のビールが大好きな方は「CASS(CASSビール/120元)」をぜひ試してみてくださいね。

 ご当地の風情あふれる都教授韓國炸鶏のから揚げは、韓国文化に興味がある人にもない人にも見逃せないグルメですよ!
(記者:Allie)

地図

【都教授韓國炸雞】
住所:台北市長安西路19巷35號
電話:02-2563-6886
営業時間:11:00-21:00
定休日:無休
交通:MRT中山駅1番出口から徒歩約2分
URL:https://www.facebook.com/ProfDo

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る