2013年12月27日

年末年始は台湾マッサージ 表参道足體養生會館

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
刮痧

刮痧

拔罐

拔罐

ログハウス風の別館

ログハウス風の別館

本館の様子

本館の様子

お店のスタッフ

お店のスタッフ

アロママッサージ

アロママッサージ

 台湾のマッサージと言えば、足裏マッサージや全身マッサージが有名です。足裏のツボを刺激するだけで身体中がすっきりするのは不思議な体験ですよね。これらのマッサージに埋もれがちですが、台湾ならではのマッサージに刮痧(かっさ)と拔罐(カッピング)があります。今回は以前ご紹介した表参道足體養生會館で刮痧と拔罐を体験してみました。

 刮痧とはヘラのような道具を使って身体をこすって、血液内部に溜まった毒素を押し出し血流の流れを正常にして自然治癒力を高めるというもので、新陳代謝の促進や頭痛、関節痛の軽減に効果があるそうです。固いヘラで身体をこするので痛そうに見えますがそうでもなく、身体を温める効果もあり、施術中に眠りに落ちてしまう人も多いそうです。

 拔罐は吸覺療法とも呼ばれており、圧力を与えて押し出す刮痧とは対照的に専用の器具を皮膚に吸着させ、空気圧で皮膚吸引を行なうことにより刺激を与え血液の循環を促す施術です。血液の循環を促すことで、身体の内部を活性化させ、消化不良、便秘、不眠症、冷え性の改善に効果があるそうです。大小数種類の真空カップを使用して施術しますよ。初めは背中を吸われているようなちょっと不思議な感覚ですが、しばらくすると慣れてきて施術部位がポカポカとしだし心身共にリラックスできますよ。

拔罐用の真空カップと吸引器具

拔罐用の真空カップと吸引器具

お店の外観

お店の外観

 刮痧も拔罐も、見た目はちょっと怖い施術ですが、表参道足體養生會館では、どちらも施術前に念入りにアロママッサージを行うので、リラックスした状態で施術に入ることができました。

 また、これらの施術後は背中に赤みや吸引跡が1週間程度残りますので(しばらくすると、跡は完全に消えるそうです)、年末年始などの長期の休み中が初めての体験施術のチャンスですね。年末年始は台湾のマッサージで1年間の疲れを取ってリフレッシュして新しい年のスタートを切りましょう!

 ところで、今回体験した表参道足體養生會館では、完全プライベートルームをテーマにした別館が近日オープン予定。デッキテラスの向こう側にできた別館は、ログハウス風の外観が特徴で広々としたスペースで1グループ(最大8名)のみの施術を行います。他のお客さんに気兼ねなくゆったりと施術が可能な特別VIPルームになるそうです。

※次回の台北日和は1月6日に掲載します。皆様よいお年をお迎えください。
(記者:Kura)

地図

【表参道足體養生會館】
住所:台北市長春路348-4號1樓
電話:02-2719-3838
営業時間:10:00-AM3:00
定休日:旧暦の大晦日
交通:MRT南京東路駅から徒歩約8分
URL:http://www.omotesando.com.tw/
URL:https://www.facebook.com/taiwanomotesando
近くのスポットを検索

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る