2013年10月8日

何度でも食べたくなるおいしさ 萬華烤鶏工坊

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
焼き立てのローストチキン

焼き立てのローストチキン

烤全雞

烤全雞

鶏油のソース

鶏油のソース

鹹豬肉

鹹豬肉

烤香腸

烤香腸

お店の外観

お店の外観

鶏に野菜をつめこみます

鶏に野菜をつめこみます

桶仔鶏専用の炉

桶仔鶏専用の炉

 ローストチキンの調理法と言うと“焼く”という方法がメインですが、丸ごとチキンを甕で焼く「甕窯鶏」、茶壷で焼く「茶壺鶏」、ステンレスパイプに突き刺して焼く「鋼管鶏」、ドラム缶のような大きな釜で焼く「桶仔鶏」など、焼く方法が異なれば、それぞれ違った風味と口当たりに仕上がるんですよ。萬華龍山寺近くに位置する烤鶏工坊は、桶仔鶏をメインとしたお店です。特別に調合したイタリア風香辛料が多くのお客の胃袋をつかんでいます。

 このお店では重さ2キロもの地鶏を使用していて、鶏の内臓をしっかりと処理した後、鶏の毛を綺麗に取り除きます。そしてパプリカ、ローリエ、カレーなど10種類の香辛料を混ぜた秘伝の香辛料を上にまぶします。鶏のお腹の中にはジャガイモ、人参、玉ねぎなどの野菜を詰め、36時間燻して、肉に味を染み込ませます。最後に280度以上の高温で36分間焼けば、「烤全鶏(ローストチキン/450元)」の完成です。丸ごと一羽の鶏を手で開いた瞬間、鼻にツーンといい香りが立ち込めますよ。また、お店では焼く際に滴り落ちる鶏油を取って置いて、それをソースとして使用しています。その他にもお店オリジナルのスパイスが用意されていて、プレーン、辛口、カレー、からし、チーズなど7種類から選択が可能です。見る者を魅了する黄金色の表面に、軟らかく滑らかでジューシーな肉質は、一般のローストチキンとはまた違った独特の風味を持っていますよ。

脂身と赤身のバランスがよいベーコン

脂身と赤身の
バランスがよいベーコン

 鶏肉以外には「鹹豬肉(ベーコン/100元)」も提供しています。脂身3割、赤身7割のおいしい豚ロース肉を使用し、花椒、五香など数種類の漢方薬につけます。ジュージューと肉が音を立てるまで15分から20分程度焼けば、カリッとしたベーコンの完成です。しっかりとした口当たりで、噛めば噛むほどいい香りが感じられますよ。「香腸(ソーセージ/30元)」は、豚のモモ肉を使用して作られています。繊維の多い肉質で歯ごたえがあり、食欲をそそる一品です。おつまみにもぴったりですよ。お店では白ご飯(15元)、ドリンク(15元)、ビール(70元)も一緒に購入が可能です。

 オーナーの林さんは、「ローストチキンの下処理過程はとても複雑で時間がかかるので、毎日30羽の限定販売です。いつも夕方前には売り切れてしまう大人気商品なんですよ。ただ特別な祝日には多めに販売しています。特に中秋節期間は、毎日200羽が売れるという驚くべき数字だったんですよ!」と話してくれました。テイクアウトの際は、少なくとも30分前に予約して、待ち時間を短縮するのがお薦めですよ。
(記者:Mandy)

地図

【烤雞工坊】
住所:台北市萬華區環河南路二段47號
電話:02-2302-1047
営業時間:10:30-21:30(平日は30羽限定、売り切れ次第終了)
定休日:旧正月の大晦日から正月4日まで
交通:MRT龍山寺駅1番出口から歩いて約8分
URL:http://www.hot-g.com.tw/
URL:https://www.facebook.com/roastchicken2012
近くのスポットを検索

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る