旅々台北.com台北日和

2013年6月17日

何でも揃うリサイクルショップ 唐青古物商行

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
店先の椅子は看板代わり

店先の椅子は看板代わり

歳月の匂いが感じられる椅子

歳月の匂いが感じられる椅子

フェアトレード雑貨

フェアトレード雑貨

檸檬塔

檸檬塔

掘り出し物の宝庫 唐青古物商行は中山紀念堂の近くに控えめに佇む、古物が好きな人なら見逃せないリサイクルショップです。若く情熱的なオーナーの唐青さんは、幼いころから中古品を拾い集めるのが好きで、現在の住まいにあるものは、すべて中古品をリメイクしたものなのだとか。かつて、チベットで英語のワークキャンプを行った際に、誰かのために何かをする喜びに目覚め、その後、CDを出したり、フリーマーケットで得た利益で、辺境の地で生きる子供たちの就学や生活を支援するようになったそうです。10年の支援活動の後、この中古品店をチャリティショップとして立ち上げたオーナー。お店の利益はすべて子供たちに届けています。店内の壁は旅の写真で彩られています

 店先に山と積まれた中古の椅子は、まるでお店の看板代わり。オープン当時のスッキリとした入口は見る影もなく、様々なスタイルの中古の椅子が占拠しています。唐青古物商行のチャリティ活動は、広く知られており「どこどこに廃棄家具がある」とお店に連絡してくれる人も多いのだそう。このため店は入り口から店内まで、家具、インテリア雑貨、衣服、アクセサリーで埋め尽くされ、掘り出しもの探しにくるお客さんが後を絶ちません。また、カフェのオーナーにとっても、レトロでスタイリッシュな椅子や装飾品を探す絶好の場所になっているようです。

 お店に並べられる椅子はすべてキレイに磨かれており、価格は1,000元~2,500元くらい。近々、ハンドメイドブランドである「印花樂」とのコラボも企画されています。唐青古物商行はテーブルと椅子の骨組みを、印花樂は座席シートを担当して、一度は役目を終えた古い椅子に新たな命を吹き込みます。リメイクされた椅子は、不定期に迪化街の小藝埕で販売される予定です。

 ファッションなら、帽子から靴まで何でも揃う店内。価格は10元~300元と様々です。大型の家具もあり、収納ケース、棚、ソファ、ドアなど、店にあるものはすべて販売しており、価格は100元~9,000元。そして、これらの中古品は、店内でも最大限に利用されています。例えば、網戸はピアスのディスプレイスタンドに、ポールハンガーはグリーンポットのスタンドに、鉄の窓枠は帽子の収納スペースになっています。こうして並べてみると、とてもユニークですよね。また、リサイクル品だけでなく、不定期にタイやミャンマーのフェアトレード雑貨も販売していて、手編みブックカバー、小銭入れ、収納バッグ、髪飾りなどが登場します。

桑椹瑪芬 さらに、オーナー、スタッフ、ボランティアスタッフの手作りスイーツも楽しめます。マカロンより少し小ぶりな「檸檬塔(レモンタルト/15元)」は香り高いサクサクのクッキーに、レモンソースを載せたもの。ほどよい甘酸っぱさでクセになるおいしさです。「桑椹瑪芬(桑の実マフィン/40元)」は、台湾の主婦による生協組織「主婦連盟」に参加するお母さんたちの手作り。桑の実ジュースの搾りかすを利用しています。環境に優しい、美味しいスイーツですよ。

相思戀人 そして「相思戀人(小豆ミルク/60元)」は台湾産の小豆、花豆、ハトムギとホットミルクを混ぜたもの。一口飲めば、甘く香ばしい香りが広がります。栄養満点、満腹感もあるので、食欲の衰える夏にはピッタリのドリンクです。時間があるときには、唐青古物商行に足を運んでみてください。きっと世界にひとつだけの名品が見つかるはずですよ。
(記者:Eilleen)

【唐青古物商行 April's Goodies】
住所:台北市羅斯福路一段83巷17號
電話:02-2341-8799
営業時間:13:30-21:00
定休日:火曜日
交通:MRT中正紀念堂駅3番出口から徒歩約5分
URL:http://www.facebook.com/aprilsgoodies
近くのスポットを検索