旅々台北.com台北日和

2013年4月19日

古都のレトロ建築 台南海安路藝術街区

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
海安路藝術街

海安路藝術街

レトロな神農街

レトロな神農街

鐵花開了

鐵花開了

藍曬圖

藍曬圖

怪獣茶舗の怪花森林

怪獣茶舗の怪花森林

美しくレトロな町並み 最近の台湾では、古い建物を改築するカフェや民宿がブームになっています。古都台南は古い建物を見学するのに一押しの場所で、特に海安路二段辺りには古い建物が密集しています。2005年9月には「海安街道美術館」が設立され、現代の芸術デザインを通して新旧文化を融和し、古い町並みにより一層レトロなムードを加えています。このロマンチックな街道は散策や撮影などの人気スポットになっているんですよ。

古い赤れんが、柱、窓枠をそのまま使用しています この近くには神農街があります。狭い神農街は古い二階建ての建物に挟まれていて、まるでタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気が漂います。古都台南でしか見られない風景ですよ。ここには古い建物を改築した美術事務室、雑貨店、カフェなどもいっぱいあって、一軒一軒ゆっくり見学でき、レトロな年代の美しさが堪能できます。鉄花開了と呼ばれる建物は、古い壁を真っ赤に塗って、白い窓格子を飾っていて、新旧台湾の雰囲気が満喫できます。

古い建物から改築したカフェ 海安路でも様々な芸術作品が見学できますが、最も有名なのが藍曬図です。藍曬図は海安路と和平路の交差点にあり、古い二階建ての壁に藍曬図を描いています。青い壁に白い線のラインを描き、学校の机や椅子を飾っていて、ちょっとSFのような感じがします。この建物の中には同じ名前のバーが営業していて、夜の8時から3時までこの異次元の雰囲気を楽しめます。先に進むと怪獣のような喫茶店「怪獸茶鋪」の「怪花森林」の大きな絵もあります。この周辺には多くの喫茶店があり、散歩した後にお店に入ってお茶を飲みながら海安路の雰囲気をゆっくり味わうことができますよ。夜遅くまで営業している喫茶店も多く、夜は賑やかな雰囲気で、昼の文化的、芸術的な雰囲気とは別の空気が漂っています。

正興咖啡館 この近くのグルメといえば國華街がオススメです。最近人気のある、待たないと食べられない「蜷尾家冰淇淋(蜷尾家アイスクリーム)」や古い建物を改築したカフェの代表「正興咖啡館」があります。伝統的な赤れんが、柱、窓枠を保存したままの台湾風レトロが満喫できますよ!ぜひ行ってみてくださいね。

【各スポットの住所】
藍晒圖:台南市中西區和平街79號
怪獸茶鋪:台南市中西區和平街54號
蜷尾家甘味处:台南市中西區正興街92號
正興咖啡館:台南市中西區國華街三段43號
(記者:Elisa)

【台南海安街道美術館】
住所:台南市中西區海安路二段沿路
定休日:無
交通:台湾鉄道台南駅からタクシーで約10分
URL:http://hasm.tumblr.com/
近くのスポットを検索