旅々台北.com台北日和

2012年10月17日

看板猫とこだわりのコーヒー 咖啡實驗室

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
焦糖瑪琪朵

焦糖瑪琪朵

黒板のメニュー

黒板のメニュー

看板猫の「アワン」

看板猫の「アワン」

看板猫の「ダボ」

看板猫の「ダボ」

焦糖胡桃起司蛋糕

焦糖胡桃起司蛋糕

お店の外観 「華山文化園区」は台北市の人気スポットですが、休日はいつも賑わっていて、ここでリラックスできるカフェを見つけることはだんだん難しくなっています。そこで今回ご紹介するのは、華山文化園区の向かい側にある、知る人ぞ知る「咖啡實驗室(コーヒー実験室)」です。

 高い天井の古い建物は昔の華山映画館のようです。お店の外でもコーヒー豆を焙煎していて、近づくとコーヒーの香りが漂い、お店に入る前からカフェの温かい香りを感じますよ。2000年にオープンして、2008年にこの場所に引っ越しました。店内の様子小さなお店でお客さんと店員の距離が近くなるようになっています。お店には紙のメニューはなく、黒板いっぱいにコーヒーのメニューが書かれています。この黒板に書いている二匹の猫は看板猫の「アワン」と「ダボ」。よく見ると二匹が椅子の上で昼寝しています。猫たちは人を怖がらずお客さんと話すことが大好きです。お客さんには彼らのファンは多く、まさに看板猫です!

塔尚尼亞莊園咖啡と歐蕾 お店には30種類以上のコーヒー豆があり、すべて手で焙煎しています。コーヒー好きの人にぴったりですよ。イタリア式コーヒーメーカーは台湾で唯一の手動式マシンで、コーヒーの香りと味を引き出しています。「塔尚尼亞莊園咖啡(タンザニアコーヒー/160元)」は適度な濃さのコーヒーを味わえます。「歐蕾(オレ/120元)」は大きめのカップにミルクがたっぷり入っています。サンドイッチやデザートと一緒に食べるとぴったりですよ。女性が大好きな「焦糖瑪琪朵(キャラメルマキアート/130元)」は甘くて飽きのこない味わいで、この季節に飲むと幸せを感じますよ!

德式香腸生菜番茄三明治 お店のケーキは全部手作りで毎日2、3種類があり、季節によって変わります。新商品の「焦糖胡桃起司蛋糕(キャラメルクルミチーズケーキ/110元)」は濃いチーズと甘いキャラメルがとても合い、さらにココアパウダーで描かれた猫がとても可愛いのです!軽食メニューでは健康的な「生菜番茄三明治(サラダトマトサンドイッチ/130元)」が人気です。スモークチキンとソーセージの2種類があり、新鮮なトマト、きゅうりなどをたっぷり挟んで、アフタヌーンティーとして合わせるのにぴったりです。ドリンクと料理を一緒に頼むと20元安くなるサービスもありますよ。

 人気スポット華山文化園区の近くでのんびりのアフタヌーンティータイムを過ごしたいなら「咖啡實驗室」へ行ってみましょう!かわいい看板猫も側にいるから、一人でも気軽に行けますよ!
(記者:Elisa)

【咖啡實驗室 Coffee Lab】
住所:台北市忠孝東路二段64巷6號
電話:02-2341-9880
営業時間:火~土12:00-21:30 / 日・月 12:00-20:00
定休日:無
交通:MRT忠孝新生駅1番出口から徒歩約5分
URL:http://www.coffeelab.com.tw/
近くのスポットを検索