旅々台北.com台北日和

2012年9月10日

緑に囲まれた空間と創作料理 好樣餐廳VVG Bistro

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
お店の外観

お店の外観

陳蒿葡萄白酒燉鶏

陳蒿葡萄白酒燉鶏

店内の様子

店内の様子

オープンキッチン

オープンキッチン

焦糖米布丁

焦糖米布丁

陽光溢れるテラス席 台北市のとても賑やかな東区ではショッピングが楽しめるだけでなく、静かな路地裏で自分だけが知る隠れ家的なお店を探すことができます。好樣VVGは東区にあるユニークな経営方法のお店で、「好樣餐廳 VVG Bistro」、「好樣餐桌 VVG Table」、「好樣本事 VVG Something」と「好樣棒棒 VVG BonBon」が同時にオープンしました。小さな小道沿いで、様々な好樣VVGの雰囲気を感じることができますよ。中でも「好樣餐廳」は最も古く、クラシックでとても特色ある日常感覚を作り出しています。創作料理、ゆったりとした空間、人とのつながりを通して、私達にまるで自分の家に帰ったかのような感覚を与えてくれますよ。

店内の様子 お店の門からは植え込みの背後にひっそりと隠れている建物が見えます。建物に向かう小道は静かな雰囲気で、太陽の光が屋外のテラス席を軽やかに照らします。ゆったりとした雰囲気に大満足です。店内に入ると、中央にオープンキッチンがあり、キッチンの周りには様々な食材とスタイリッシュなテーブルや椅子、そしてソファーが囲み、アンティーク家具や芸術作品が彩り、モダンな感じと日常の生活感が見事にマッチした雰囲気が感じられますよ。中でも特に印象深いのがこの特殊なオープンキッチンです。シェフと私達のコミュニケーションの場、そして料理の味わいとアイディアが生まれる場でもあり、私達の食に対する考えを変えてくれます。店内の陳列やデザインから、お店が「日常の生活はこうあるべきなんだ!」という雰囲気作りを行っているのがわかります。
 
二人席とオープンキッチン VVG Bistroはイタリア風軽食がメインで、シェフとパティシエのアイディアと試作から、3ヶ月ごとに季節に沿ったお薦め創作料理を提供しています。2011年冬のメニュー「茵陳蒿葡萄白酒燉雞(カワラヨモギかけ葡萄と白ワイン鶏肉煮込み/680元)」は、鶏肉の煮込みがメインで、サラダとスープがついたイチオシ料理です。鶏肉の煮込みは、バターで皮を焼いた鶏肉を、白ワイン、葡萄、紫玉ねぎと鶏がらスープで煮込んでいます。白ワインと葡萄のソースをかけて酸味と甘さと爽やかな旨み、鶏肉の新鮮さを絶妙に際立たせています。付け合わせの人参スープには橙の皮の粉末を加えることで、人参が持つ青臭い匂いを打ち消して、濃厚ないい香りへと変えてくれます。またサラダもわさび、蜂蜜とオリーブオイルで作ったドレッシングがかけられていて、さっぱりと、とっても美味しい一品ですよ。
 
原味慢火精熬奶茶 お薦めスイーツは台湾の食材を使用したクラシックスイーツ「焦糖米布丁(キャラメルライスプリン/160元)」です。上にはキャラメルが塗られて、中は生クリーム、牛乳、卵で作られたプリン、下には特別に台東産のコンテストで優勝したお米を敷いています。プリンの滑らかさと堅めのお米のつぶつぶ感が同時に感じられ、ナツメグの良い香りがたまりません。お薦めスイーツにはドリンクもよく合いますよ。「原味慢火精熬奶茶(オリジナルミルクティー/200元)」は、牛乳、台湾のジャスミン茶そして紅茶を弱火で一時間ほど煮出して作っています。茶葉本来の香りとミルクのいい香りが混ざり合い、お茶とミルクが完全に融合したまろやかで濃厚な一品です。

 好樣餐廳は、太陽の光りと緑そして独自のアイディアで生み出された創作料理が融合したレストランです。快適な空間と美味しいイタリア風軽食で、のんびりとした午後の一時が過ごせますよ。
(記者:Miko)

【好樣餐廳 VVG Bistro】
住所:台北市忠孝東路四段181巷40弄20號
電話:02-8773-3533
営業時間:平日11:30-22:00 / 週末10:00-22:00
定休日:無
交通:MRT忠孝敦化駅7番出口から徒歩約3分
URL:http://vvgvvg.blogspot.tw/
近くのスポットを検索