旅々台北.com台北日和

2012年8月21日

いつでも朝メニュー 巴克斯‧韭菜盒子

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
生地を伸ばしています

生地を伸ばしています

綜合蛋餅

綜合蛋餅

高麗菜蛋餅

高麗菜蛋餅

烤韭菜盒子

烤韭菜盒子

烤高麗菜盒子

烤高麗菜盒子

お店は路地裏にあります 2005年にオープンした「巴克斯」は美食が集まる台北市の東区エリアの小さな路地で、台湾の定番朝ごはんの蛋餅(台湾風クレープ)と韭菜盒子(ニラまんじゅう)を販売する人気店です。蛋餅は台湾の人気朝ごはんメニューですが、ほとんどのお店が朝ごはんの時間帯しか販売していません。でもこのお店では、どの時間帯も販売していて、またちょっと一味違った蛋餅が味わえるんですよ。

 皮に包まれた具材は蛋餅と韭菜盒子をより一層美味しくしてくれますが、外側の生地も大きなポイントです。生地に油酥というパイ生地のような生地を加えて、手でこねる、押す、伸ばすの動作を繰り返し、何層もの食感を作り上げることが、このお店の美味しさの秘訣です。黄金色の蛋餅の皮お店一押しの「綜合蛋餅(ミックス蛋餅/45元)」は生地を油で黄金色になるまで焼き上げて、その上に卵、チーズ、ハムを載せて更に焼きます。サクサクの生地と滑らかな食感の具は一口一口と食べ始めると止まりません。「高麗菜蛋餅(キャベツ蛋餅/40元)」は他の蛋餅の具とは異なり自然な甘みとシャキッとした食感が楽しめ、美味しい上にヘルシーです。

できたての韭菜盒子 口コミで人気が広がった「烤韭菜盒子(焼きニラまんじゅう/35元)」は炒めたニラ、豆干、春雨、卵を生地に包み、何度もひっくり返しながら15分ほど高温で焼き上げます。蔥油餅と燒餅の中間のような食感で、油っこさはなくとってもあっさりした口当たりで、食べ応えも十分です。「烤高麗菜盒子(焼きキャベツまんじゅう/35元)」は自然な甘みのあるのキャベツの餡が特徴です。どれもガッシリとお客さんの心を掴むメニューばかりですが、辛い物好きの人は、お店オリジナルの小魚乾辣椒(小魚唐辛子)を加えて食べてみてくださいね!

(右)酸梅湯(左)杏仁豆腐 おいしい韭菜盒子と蛋餅の後は、ほのかな酸味と甘みの「酸梅湯(梅ジュース/25元)」や杏仁豆腐に牛乳を加えた「杏仁豆腐(30元)」などのドリンクを飲んでのどを潤しましょう。暑い真夏では心身ともに涼しく暑さを解消してくれますよ。

 巴克斯は朝、昼のピーク時になるといつも行列ができ、お客さんが絶えることはありません。また周辺のオフィスなどへは500元以上であればデリバリーサービスもあります。午後の時間帯は更にメニューも豊富になるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。
(記者:Mandy)

【巴克斯‧韭菜盒子 BOX】
住所:台北市延吉街137巷30號
電話:02-2711-9925
営業時間:月~金 7:00-13:00 14:30-19:30 / 土 7:00-13:00 14:30-17:00
定休日:日曜日
交通:MRT國父紀念館駅1番出口から徒歩約5分
近くのスポットを検索