旅々台北.com台北日和

2012年2月1日

モダンアートとグルメのコラボ  日光大道富錦廚坊

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
草木が茂った外観

草木が茂った外観

店内の空間

店内の空間

綜合野菇無毒蝦熱沙拉

綜合野菇無毒蝦熱沙拉

嫩煎鱸魚佐甜菜根燉飯

嫩煎鱸魚佐甜菜根燉飯

現代アートの展示 2011年に無添加のパンと自然環境保護を主とした「日光大道健康廚坊」がオープンしました。しかしその後半年も経たないうちに今度は富錦街に「日光大道富錦廚坊」がオープンしたのです。風情ある空間設計と飲食企画、また多くのモダンな芸術作品が置かれ、廃材を使った空間装飾は、足を踏み入れた瞬間、一つの美術館を歩いているかのようです。

 お店の前には多くの植物が置かれ、これが富錦街に生い茂る菩提樹とマッチして、とても風情が感じられます。門前に佇む黒色のキリンのオブジェは優しさと暖かさがあり、未来を照らすシンボルのようです。店内に入ると、床には古い建物によく見られる大理石が敷かれているのが分かります。環境保護の理念も空間デザインに盛り込まれ、巧みに区画された空間は私達にリラックス感を与えてくれます。

 店内ではオーストリア産のオーガニックティー、以前ご紹介した「伊聖詩私房書櫃」から持ち込まれた書籍や日本で選んだキッチン類などが販売され、店内で食べたもの使ったものをそのまま家に持ち帰る、そんな環境保護とご近所精神を感じさせてくれますよ。

白酒馬蹄蛤 メニューはヨーロッパ料理が主で、数十種類もの特色あるオードブルやサラダ等があります。全て厳選された材料で作られています。「綜合野菇無毒蝦熱沙拉(マッシュルームと自然養殖エビのサラダ)/360元」は良好な水質で養殖したエビを使用しています。身が大きいだけでなく、肉質もぷりぷりとしていて、新鮮な甘みもあります。これがマッシュルームやちょっぴり酸っぱいソースとマッチし、食欲が掻き立てられる、とってもさっぱりした一品になります。オードブルの「白酒馬蹄蛤(馬蹄蛤の白ワイン煮)/240元」は雲林で3年間養殖された馬蹄蛤を使用。手のひらサイズの大きな馬蹄貝の肉質は新鮮で軟らかく、ニンニク、玉ねぎ、白ワインと唐辛子を加え、香りが濃厚で、スパイシーな味が効いていますよ。

肉桂蘋果茶 シェフお薦めの「嫩煎鱸魚佐甜菜根燉飯(スズキのソテーと甜菜の根のリゾット)/450元」は特別で新鮮なスズキをソテーしただけの、シンプルかつ食材本来がもつ旨みが十分に引き出された一品。また、リゾットには長米を使用しそれに甜菜の根とレモンを加えて煮ています。米一粒一粒がぱらぱらしていて、噛み応え抜群です。甜菜の赤い色の部分は噛めばほのかな甘みがあり、またレモンの酸っぱさも合わさった一品です。「肉桂蘋果茶(シナモンアップルティー)/220元」もお店お薦めの一品です。メタルの鍋に盛られた肉桂蘋果茶は、砂糖は加えられておらず、りんごまるごと一個を煮て軟らかくすることで自然な甘みが抽出されます。フルーツとシナモンスティックをグラスいっぱいに注げば、リンゴの甘みとシナモンの香りが一気に広がりますよ。もし甘いのが苦手な方は、先にリンゴを取り出して直接いただくこともできますが、お茶と一緒にいただくのもとってもおいしいですよ!

甜蜜時光有機茶(左)&大馬士革玫瑰拿鐵 また「甜蜜時光有機茶(オーガニックティー)/120元」と「大馬士革玫瑰拿鐵(ローズラテ)/180元」も特色ある飲品です。甘いひと時を過ごす中で飲む有機茶はまた格別です。紅醋栗(アカフサスグリ)と玫瑰果(ローズヒップ)が融合することで優雅な甘酸っぱさを引き出しています。大馬士革玫瑰拿鐵は貴重なオーガニックローズのエッセンスを加えています。美容と健康に絶大な効果をもたらしてくれますよ。

 ゆったりとした中豊かな芸術的雰囲気を持つ「富錦廚坊」は、身近にあるプライベートキッチンと言えるでなく、モダンな芸術も味わうことができます。個人での食事やみんなと集まりには最高の場所ですよ。
(記者:Dee)

【日光大道富錦廚房】
住所:台北市富錦街421號
電話:02-2767-6211
営業時間:月~木 11:00~22:00/金・土・日 08:00~22:00
定休日:無
交通:MRT松山機場駅から徒歩約15分
URL:http://zh-tw.facebook.com/Sonnentor.Cafe.tw1?sk=info
近くのスポットを検索