旅々台北.com台北日和

2011年9月5日

汗だくになっても食べちゃう 得記港式麻辣

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
鴨の血入りピリ辛鍋

鴨の血入りピリ辛鍋

辛いのが苦手な人でも大丈夫な蒸し臭豆腐

辛いのが苦手な人でも大丈夫な蒸し臭豆腐

カリカリの揚げ臭豆腐

カリカリの揚げ臭豆腐

お店の外観 得記港式麻辣はMRT公館駅近くの路地裏にある庶民派なお店です。蒸し暑い真夏日でも、たくさんのお客さんが店内で汗だくになりながら鍋を囲んでいます。なぜこんなに人をひきつけるのか、いったいどんな魔力があるのか、気になっちゃいますよね。

 お店はシンプルな内装でテーブルといすが並べられています。店内に入ると、オーナーが親しげな挨拶で迎えてくれて、人気店であることが想像できます。メニューはいたってシンプルで、メインの食材が腸旺(ホルモン)、鴨血(鴨の血を固めたもの)、豆腐の3種類で、スープの辛さが輕辣(辛さ控えめ)、小辣(小辛)、中辣(中辛)、大辣(大辛)から選べます。他にも豚肉(60元)や秀珍菇(ヒラタケ/30元)などの具材がオーダーできます。

お店の様子 人気なのは麻辣鴨血(60元)です。鴨血を箸でつまみ噛んでみると新鮮でやわらかくしっかりした味わいがあり、漢方風味のスープがあふれ出てきます。熱いのに気をつけていると、しびれるような爽快感のある辛さがやってきます。注文したのは輕辣ですが、十分な辛さが味わえます。

 辛いのが苦手という方は単品の清蒸臭豆腐(60元)がおすすめです。辛味が取り除かれ、しいたけの香り漂うスープがしみ込んだ豆腐はとても爽やかで、脂っこさは感じません。オーナーがおすすめの脆皮臭豆腐(50元)も外せませんよ。注文を受けてから揚げるので5分ほど待たなければいけませんが、運ばれてきた臭豆腐は外はカリカリ、中はやわらかな食感で付け合せの酸味がきいたキムチとよく合います。待ってでも食べるだけの価値がある一品です。

 公館へ来たら得記港式麻辣へぜひ足を運んでみてください。一度試せばあなたもお得意さんのひとりになってしまうかもしれませんよ。
(記者:Dee)

【得記港式麻辣】
住所:台北市羅斯福路四段52巷16弄4號
電話:02-23649616
営業時間:AM11:00~AM0:00
定休日:無
交通:MRT公館駅4番出口から徒歩約2分
近くのスポットを検索