旅々台北.com台北日和

2011年5月12日

絶品デザートを味わおう Micasa Dolci

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
 
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
沙巴雍 焦糖冰淇淋搭配香蕉 佐沙巴雍醤汁(キャラメルアイスクリームとバナナ、ほんのり香ばしいザバイオーネソース)

沙巴雍 焦糖冰淇淋搭配香蕉 佐沙巴雍醤汁(キャラメルアイスクリームとバナナ、ほんのり香ばしいザバイオーネソース)

芋香和風芝麻白玉佐抹茶凍(タロ芋のあんみつ 白ゴマのジェラート、白玉、抹茶ゼリー添え 暖かいタロ芋のぜんざい)

芋香和風芝麻白玉佐抹茶凍(タロ芋のあんみつ 白ゴマのジェラート、白玉、抹茶ゼリー添え 暖かいタロ芋のぜんざい)

さわやかな香りのフレーバーティー

さわやかな香りのフレーバーティー

カラフルなマカロン

カラフルなマカロン

ポップなデザインの店内 店名のMicasaとはスペイン語で「我が家」のこと。お客さんに暖かい雰囲気で寛いで欲しい想いから名付けられました。台湾のまぶしい陽光を取り入れる大きなガラスのドアからは緑豊かな仁愛路と國父紀念館が見えます。ポップで静かな店内で味わえるのはケーキ、アイスクリーム、マカロンなどの絶品のスイーツ。経験豊かな日本人パティシエが台湾の素材を生かして作り上げるスイーツで一休みしてみませんか。

お店の前には屋外席もあります チーフシェフを務めるのは嘉手納慶一さん。フランスでの研修や日本国内のレストランで経験を積み2007年に来台。2009年にMicasa Dolciをオープンしました。「なぜ台湾で働こうと思ったのですか?」と聞いてみると、日本で働いた時から後々海外に出たいなと思っていて、最初にきっかけができたのが台湾だったそう。日本と違って食材が手に入りづらいこともあったりしますが、日本では高価なマンゴーや珍しいタロイモをふんだんに使えるのはうれしいと目を輝かせて答えてくれました。嘉手納さんが大切にしていることは、食材の持つ素材感を大切にすること。どんなに形を変えても素材が持つ味が出るようにしたい、と語るスイーツは絶品で驚きに包まれます。

クッキーもあります まずは「沙巴雍 焦糖冰淇淋搭配香蕉 佐沙巴雍醤汁(キャラメルアイスクリームとバナナ、ほんのり香ばしいザバイオーネソース):350元」。薄い黄色のザバイオーネソースは卵黄をホイップしてリキュールを入れたもの。卵黄のコクがあるソースをリキュールの香りがぐっと引き締めてくれます。キャラメルアイスクリームの香ばしい苦みとソースのほのかな甘みがお互いを引き立てあって夢中になってしまう味です。甘いものが苦手な男性でも虜になりそう。「芋香和風芝麻白玉佐抹茶凍(タロ芋のあんみつ 白ゴマのジェラート、白玉、抹茶ゼリー添え 暖かいタロ芋のぜんざい):300元」は台湾のタロ芋と日本のあんみつが組み合わさったデザート。白ごま、抹茶、タロ芋などたくさんの素材は喧嘩することなくハーモニーを奏でてくれます。

店内は静かで快適です デザートだけでなくパスタやサンドイッチなどのランチもあり、お昼時にもぴったり。店員さんも日本語が話せますので、気軽に日本の絶品デザートを味わってみてくださいね。
(記者:Charlie)

【Micasa Dolci】
住所:台北市信義區仁愛路四段462號1F
電話:02-2345-7669
営業時間:11:30-20:30
定休日:月曜日
交通:MRT國父紀念館から徒歩約10分
URL:http://www.micasadolci.com.tw/
近くのスポットを検索