旅々台北.com台北日和

2011年4月28日

歴史と美食と温泉 少帥禪園

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
少帥禪園の外観

少帥禪園の外観

漢卿美饌

漢卿美饌

1200元のセットメニュー

1200元のセットメニュー

雙喜湯屋

雙喜湯屋

 台北の郊外で静かで快適に過ごせて、歴史を感じ、グルメが味わえて、温泉も楽しめる所は「少帥禪園」です。「少帥禪園」の建物は1920年に温泉旅館として建てられ、その後、神風特攻隊の招待所になりました。中華民国になってから、かつて蒋介石を軟禁した張学良将軍が、国民党が台湾に撤退後は、蒋介石に軟禁された場所として有名です。

園内から見える風景 「少帥禪園」は張学良将軍の一生をテーマにして改装し、簡単な展示もします。ここの食事は将軍生前の食事や晩餐会、故郷、中国での宴会など歴史的なものをベースとしたメニューになっています。また、北投の温泉を活用し、2〜3人用の貸切(個室)温泉もあります。食事や入園料を支払って入園すると、無料で足湯が使用できます。

園内の建物 将軍は100歳まで生きたのですが、その長寿の秘訣が食事にあるということで考案されたメニューは1200元、1600元、2000元の3種類のセットメニューです。前菜などは毎日仕入れる食材によって変わるそうです。また、1200元以外のメニューはすべて事前予約が必要です。

 店内の座席はすべて外の景色が見れるように配置され、明るくて快適です。昼と夜の景色は全く違うので、それぞれの美しさが楽しめますよ。

足湯 食事の後は、景色を見ながら足湯に浸かると、最高にリラックスできます。足湯だけでは物足りない人には、貸切温泉(個室)もあります。人数によって、2〜3人用タイプの部屋があって、タオルや水、アメニティなども揃えられているので、何も持ってこなくても気楽に温泉に入れます。

小六茶舖 温泉に浸かった後、小六茶舖でお茶を楽しむこともできます。小六茶舖が入った建物は昔将軍の護衛達が休憩した所で、屋内に入ると、真ん中にレンガ造りの暖炉が目に付きます。レストランの和風作りとは全く違う雰囲気で、まさに建物を通して、歴史やその背景をうかがうことができます。

 ここではゆったりとロハスな一日が過ごせます。都会の喧騒にうんざりしたら、少帥禪園に行きましょう。
(記者:Ming)

【少帥禪園】
住所:台北市北投區幽雅路34號
電話:02-2893-5336
営業時間:漢卿美饌:12:00〜14:00 / 18:00〜21:00、小六茶舖 & 雙喜湯屋:10:00〜22:00
定休日:無
交通:MRT北投駅よりタクシーか送迎車(食事のみのサービス)で約10分
URL:http://www.sgarden.com.tw
近くのスポットを検索