旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年8月23日

田舎の民宿 同心園民宿


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
庭園の外観

庭園の外観

快適な客室

快適な客室

畑と庭園

畑と庭園

カボチャと牛乳の鍋

カボチャと牛乳の鍋

レストラン 同心園は舊山線の近くにある民宿で、和風の外観は風光明美な田舎の景色に溶け込んでいます。苗栗130号線沿いには、三義や舊山線だけでなくいろいろな新しい観光資源があり、庭園民宿も多くあります。沿線の美食を楽しんだり木雕街を探索したりするのに、同心園はその起点として最適です。

 同心園には大きな野菜畑があって、有機野菜やハーブが栽培されており、その静かな雰囲気はまるで田舎の家に泊まっている気分になります。同心園のオーナーは元々レジャー産業に従事していましたが、この三義の地にレストランを開き、三義の自然がとても気に入ったのでここで民宿を経営することを決めたそうです。今はここで遠くからのお客様のための快適な宿泊場所を提供することがライフワークになっています。

庭の人形 民宿は2階建てで5部屋あり、水岸、田園、草園、河畔、山谷の名前がついていますが、それは窓外の風景から名付けられたそうです。建物は家庭的な雰囲気で、客室はぬくもりがある木材が使われています。この木材はオーナーが防火や事故防止の観点から選んだものだそうですよ。民宿の周りには、のどかな田舎の風景が広がります。近くの山に登れば美しい三義の景色を見ることもでき、体も心もリフレッシュできそうです。

 同心園のレストランは宿泊客でなくても利用できます。オーナーも奥さんも客家人ですが、客家人はお客さんにとても好意的で、レストランの料理もオーナー夫妻が心をこめて作っています。「南瓜牛奶美顏火鍋(かぼちゃと牛乳の火鍋・300元)」は、これを食べると、親指を立てて絶賛したくなります。香り高いスープはかぼちゃを何時間もゆでて作っています。具材は新鮮な海鮮、豚肉、果物、キクラゲ、しいたけ、インゲン、ニンジンなど。これら自然の食材を使って作る火鍋は決して高く感じません。

各種観光資料 民宿にはいろいろな観光パンフレットなどが置かれているばかりでなく、オーナーは苗栗の付近のスポットをいろいろ説明してくれます。今回は舊山線特集の取材でこの民宿を利用しましたが、山の中の駅・勝興車站、龍騰斷橋、古色蒼然とした泰安車站などなど、舊山線のみどころなども個人的にガイドしてくれました。苗栗の田舎で遊ぶのは楽しく、きっと素敵な思い出が残ることでしょう。
(記者:Alice)

【同心園】
住所:苗栗縣三義鄉雙潭村100號
電話:037-879-996/0931-399-089
営業時間:チェックイン15:00、チェックアウト11:00
定休日:無
交通:台湾鉄道三義駅から車で約5分
URL:http://037879996.emmm.com.tw/
近くのスポットを検索