旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年6月9日

ビストロ感覚で台湾料理 樂朋小館LE PONT


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
ガチョウの盛り合わせ

ガチョウの盛り合わせ

旬の野菜

旬の野菜

オリジナル商品

オリジナル商品

店内の座席

店内の座席

入り口 メディアで樂朋小館(LE PONT)が紹介されたときは、新しいフランス料理店ができたと思っていたのですが、意外なことに、ここはフランスのビストロの雰囲気で作った、ガチョウがメインの台湾料理屋さんだったのです。

 どうしてガチョウなの?と疑問に思う人は多いと思いますが、実は、若いオーナー陳さんによると、実家がガチョウの専門店なので、ガチョウの美味しい部分はすべて知り尽くしているので、ガチョウの店にしたそうです。陳さんは5年間もフランスに住んでいましたが、フランスビストロの雰囲気に台湾の伝統的なガチョウの味を一緒にして、この樂朋小館を作ったそうです。

 樂朋小館がオープンする前から、陳さんは高品質なガチョウオイルを作っていることで有名で、今も有名なショッピングモールで販売しています。もちろん、このお店でもガチョウオイルを使った料理が楽しめます。

 ガチョウオイルご飯オーナーが薦めてくれた料理は塩水に漬けたガチョウ肉の盛り付け(250元)と季節の野菜(80元)、ガチョウオイルご飯(30元)でした。ガチョウの専門店だけあって、ガチョウ肉は柔らかくていい香りです。中にキュウリの漬物がついて、ガチョウと一緒に食べると爽やかで、夏でも冬でもOK。

  季節の野菜はちょっと洋風に仕込んだ味で、ピーマンやたまねぎなど、彩りが豊富。伝統的な台湾料理とはミスマッチなので、ここが好みの分かれるところです。

  ガチョウオイルご飯にはシャロットが入って香ばしく、熱々の時に食べると美味しさはさらにアップです。

 ガチョウは使える部分が多く、ガチョウオイルの石鹸やハンドクリームが開発されています。ガチョウオイルは他のオイルよりきめが細かく、台湾の蒸し暑い天気に合わせて開発された商品は、海外からの輸入品よりは地元の人の肌に合いますよ、と陳さんは自信満々でした。

 台湾料理はもう食べ飽きたというあなた、樂朋小館に足を運んでみると、きっとまた違った感覚を味わうことができますよ。
(記者:Ming)


【樂朋小館 LE PONT】
住所:台北市潮州街176號
電話:02-2396-5677
営業時間:12:00~14:00 / 18:00~22:00
定休日:月曜
交通:MRT古亭駅から徒歩約10分
URL:http://www.ciaobien.com/
近くのスポットを検索