旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年12月1日

火鍋+居酒屋=鍋宴


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
バーカウンター

バーカウンター

調理の様子

調理の様子

義式生魚薄片沙拉

義式生魚薄片沙拉

蒜味燒蝦

蒜味燒蝦

鍋宴
店内に掛けられた絵画
 鍋宴は東区エリアの路地にあります。一歩お店に入ると、薄暗い照明の店内は、壁に日本人アーティストの作品が掛けられ、大きなバーカウンターが印象的。バーカウンターに座り、シェフが作る新鮮な料理をいただき、気の合う仲間とまるで居酒屋にいるような雰囲気の中おしゃべりを楽しむなんていうのも良いでしょう。

 鍋宴が一般的な火鍋食べ放題のお店と違うところは、399元(+10%サービス料)を支払えば、和風高級火鍋が食べ放題となるだけではなく、60種類以上の料理やシェフがその場で作る単品料理も食べ放題になること。さらに、50元プラスすれば、刺身や寿司、石焼牛肉も食べ放題になるんです。

 単品料理はサラダや焼き物、串焼き、揚げ物など。サラダは大根サラダやイセエビサラダ、ポテトサラダなどがあり、お店オリジナルのドレッシングは爽やかな風味で食欲をそそられます。またお酒のおつまみとしても最適です。

 焼き物・揚げ物は中華と和風をミックスした感じで、オーナーがおすすめの濃厚なチーズと卵を一緒に炒めた起司炒蛋は、なめらかな口当たりです。揚げ物のおすすめは辣鶏翅で、台湾の山椒で味付けをして揚げた鶏手羽先のしびれるような食感が特徴です。串焼きは注文があってから作るため少々時間がかかるので、注文の後、頃合いを見てカウンターへ取りに行きます。

 今回の取材でオーナーのおすすめは、前菜の義式生魚薄片沙拉(カルパッチョ)。これはその日に取れた新鮮な魚を使い、イタリアンと和風を混ぜ合わせたドレッシングでいただきます。添えられたトマトや、キャベツなども新鮮な魚同様サッパリとしていて食欲を刺激します。また魚と野菜を一緒に食べると二つの食感が味わえて楽しいですよ。わずかな酸味があるドレッシングは素材の味を引き立て、箸が止まらなくなってしまいます。

テーブル席の様子 鍋宴は和風を中心にしたメニューが多いのですが、オリジナルの台湾料理も楽しめます。例えば蒜味燒蝦は外せません。ニンニク風味の焼きエビがスープを吸い込んで、ほんのりとバターの香りがします。玉ねぎ、黒胡椒で調味されたスープなので台湾風の少々重たい味付けですが、食べてみるとそうでもなく、エビはエビ本来の甘さがしっかり出ています。

 肝心の火鍋のスープは韓國泡菜鍋(韓国キムチ鍋)、酸辣咖哩(カレー鍋)、柴魚(カツオ)、素食鍋(ベジタリアン)、大骨(とんこつ)の5種類から選べます。オーナーのおすすめはカツオ鍋です。カレー鍋は辛さが際立つ鍋なので、辛いのが好きな方におすすめですよ。もし辛いのが余り得意でないという方でも、韓国キムチ鍋はおすすめです。

 鍋宴の料理は注文されてからその場で作る出来たて。台湾の火鍋のお店でこのような方式を採用しているお店は多くありません。たくさん食べて飲んで、おサイフにもやさしい火鍋と居酒屋が融合した鍋宴はいかがですか。

 ※身長110~130cmの子どもは299元
 ※110cm以下の子どもは無料
 ※15人以上で予約した場合はサービス料無料
(記者:Daisy)


【鍋宴】
住所:台北市大安区敦化南路一段177巷15號
電話:02-2711-3357
営業時間:17:00~24:00(平日)/17:00~1:00(金、土)
定休日:旧暦の大晦日と正月
交通:MRT從台北車站忠孝敦化7番出口より徒歩約5分
URL:http://www.gooddaytw.com/goodweb/potfeast2.html
近くのスポットを検索