旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年11月26日

淡水名物の老舗 原來的老店 老牌阿給


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
阿給と魚丸湯

阿給と魚丸湯

阿給の具

阿給の具

蒸し終わった阿給

蒸し終わった阿給

店前

店前

 鐵蛋や魚酥、巨大ソフトクリームなど、台北郊外の観光スポット、淡水には、数々の名物がありますが、阿給(アゲイ)も代表的なご当地グルメ。原來的老店 老牌阿給はその阿給の老舗として人気のお店です。

店内 原來的老店 老牌阿給は以前も紹介しましたが、今回再登場。こちらは阿給を売り出した最初の店と言われており、2代目に受け継がれた今でも手作りの阿給が食べられます。お店は、老街を抜け、急な坂を上がって行く途中にあり、店内の調理台では店員さんが手を休めることなくテキパキと動いています。

 阿給とはハルサメを油揚げに詰め込み、タレをかけて食べるものなのですが、原來的老店 老牌阿給では油揚げでなく、厚揚げを使用。厚めの皮に豆腐も加わり、風味が増しています。具のハルサメには蒸しても歯ごたえが残るものを厳選しており、他店に比べ少々太めのようです。このハルサメを洗ってから独自にブレンドしたタレを染み込ませ、切り目を入れた厚揚げに詰め込みます。魚のすり身で封をしてから蒸し、最後にだし汁と特製ソースをかけて完成。ピリ辛の特製ソースがハルサメによく絡み、厚揚げの味も感じられ、さすが老舗と深くうなずいてしまう味。長年変わらぬ人気を保ち続けているのも納得です。阿給(35元)が売り切れると閉店となりますので、お早めにどうぞ。

 メニューには、豚肉餡を包み込んだ魚のすり身ダンゴスープ(魚丸湯/25元)やスープおでん(黒輪湯/25元)などのスープ類に、豆乳(豆漿/15元)もありますので、阿給と一緒にいかがでしょう。

店へ続く坂道(右側) お店周辺には、赤レンガの壁や瓦の平屋が点在し、オランダや日本など異国文化の面影が残る淡水ならではの風景が並びます。MRTの駅から少し離れていますが、散策がてらお店に来てみるのもまた楽しそうです。
(記者:Mei)

【原來的老店 老牌阿給】
住所:淡水鎮真理街6-1號
電話:02-2621-1785
営業時間:5:00~15:00(売切れ次第終了)
定休日:第1月曜日
交通:MRT淡水駅から徒歩20分
近くのスポットを検索