旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年11月2日

鍋で寒い冬を乗り切ろう 辣霸子


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
60種類以上の新鮮な食材

60種類以上の新鮮な食材

澄んだスープ(清湯)+激辛スープ(麻辣)

澄んだスープ(清湯)+激辛スープ(麻辣)

キムチ+酸白菜のスープ

キムチ+酸白菜のスープ

味の染み込んだ滷味は激辛スープに最適

味の染み込んだ滷味は激辛スープに最適

にぎやかな士林にある辣霸子
広く明るい店内

 寒い寒い冬がやってきて、外の空気もひんやり。そんな時は仲の良い友人や家族を誘って熱々の鍋料理はいかがでしょうか。会話も弾み楽しいお食事になりますよ。辣霸子で寒い冬を乗り切りましょう。

 辣霸子はMRT士林駅の近くにあり、交通もとても便利。お店のドアを開けると温かい店内の光と鍋の温もりを肌で感じられます。お店は2階までありますが、どちらの階にも同じ食材が並べられています。

 鍋料理の良し悪しはスープの味が決め手。ここでは4種類のスープから好きなものを選ぶことができます。

  1. 清湯鍋底(澄んだスープ):このスープは海鮮に向いています。スープにはショウガを入れてアクセントをつけています。新鮮で澄んだスープには甘みが感じられますよ。(クコの実とナツメを入れればお肉を煮るのにも相性抜群です。)
  2. 麻辣鍋底(激辛スープ):お店のオススメスープ。中にはプルプルの鴨血が入っています。鴨血は地元客の大好物で、辛いスープとの相性もばっちりです。
  3. 泡菜鍋底(キムチスープ):キムチの酸味と甘みが感じられるこのスープは女性に人気があるそう。キムチの味は濃厚ですが、他の食材の邪魔をすることがありません。
  4. 酸白菜鍋底(酸白菜スープ):白菜の柔らかな味が特徴のスープです。

 おいしいスープにはおいしいタレもかかせませんよね。白練りゴマ、お酢、唐辛子、ピーナッツ粉などが用意されているので自分の好みで組み合わせておいしいタレを作りましょう。

 お店には60種類以上もの食材が用意されていて、セルフサービス方式になっています。オススメは新鮮な海鮮類だそうで、活きハマグリや、ジャンボサイズの蝦類などをスープに入れていただくと海鮮の甘みが口いっぱいに広がり幸せなひと時です。海鮮好きの方には特にオススメです。

 牛モツや牛筋もぜひ食べたい食材です。十分に煮込こまれたこれらの食材を激辛スープの中へと入れていただきます。しっかりと煮込まれた食材に、さらにスープの旨みが加わります。牛筋は歯ごたえがあり、牛モツは柔らかくモチモチとした歯ごたえで、次から次へと箸が進んでしまいます。

 食事のシメに冷たいサツマイモはいかがでしょうか。蒸して柔らかくしたサツマイモを冷やし、甘みを中に閉じ込めているので普通に食べるよりもさらに甘く感じられますよ。

 細やかな気配り、おいしいスープ、新鮮な食材で、開店以来多くの人々が絶えず訪れる隠れた名店です。
(記者:Daisy)

【辣霸子麻辣鴛鴦火鍋】
住所:台北市士林區中山北路五段439號
電話番号:02-8861-1110
営業時間:平日:17:00~1:30 土日祝:正午~1:30
定休日:旧正月
交通:MRT士林駅2番出口から徒歩約3分
近くのスポットを検索