旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年6月29日

シンプルで素朴な味 二空眷村小館


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
二空烤方

二空烤方

眷村豆腐

眷村豆腐

客家小炒

客家小炒

店内に飾られているパイロットスーツ

店内に飾られているパイロットスーツ

店内の様子 「眷村」とは外省人(戦後、中国から台湾に移ってきた人々)が住む地域のことを示す言葉です。主に台北や桃園に多いそうです。今回紹介するお店があるのは、華やかなコンサートやイベントが行われることが多い台北ドームの北側になります。メジャーな観光地からは離れているため、地元の人が利用するお店といった佇まいです。

 お店に入ると天井には飛行機のプラモデルが吊されていて、壁には戦闘機の写真や歴史のありそうなパイロットスーツが飾られています。店内の様子とは言っても重苦しい暗い雰囲気ではなく明るく清潔な店内です。円卓には仕事を終えたサラリーマンが座りジュースを片手に談笑していました。壁にはたくさんの芸能人のサインが描かれています。

 メニューは外省人料理・・・つまり台湾料理以外の中華料理全部ということで、非常にバラエティ豊か。その数は100種類ほどもあります。店員さんオススメの「二空烤方」を始めとして客家料理の基本「客家小炒」、このお店オリジナルの「眷村豆腐」などを頼んでみます。

 「二空烤方」はいわゆる「豚の角煮」です。肉は五花肉(豚の腹部の赤みと脂身の交差部分)を使います。下ごしらえをした五花肉を金蘭醤油(台湾の醤油)と砂糖、チキンスープ、胡椒、花椒、八角を加えたスープで煮込みます。とろ火で3時間ほど煮込むという時間のかかる料理です。仕上げに使うタレは肉を取り出した後にスープを煮詰めて作ります。巨大な豚肉の塊は箸で簡単に崩せて脂身もとろとろ。ご飯にもビールにもよくあう一品です。

 「客家小炒」は客家料理を代表するメニューです。スルメイカやネギ、豚肉、野菜を手早く炒めたもの。材料は料理人や家庭によって違うため、このお店のものは珍しくたまねぎが入っています。様々な材料が醸し出す滋養あふれる味。

 最後に紹介するのは「眷村豆腐」です。見た目は小さめの揚げ豆腐をネギとにんにくなどで炒めたもの。どこにでもありそうなのですが辛み甘み旨味のバランスが絶妙な一品でした。後を引き、いくらでも食べられそうです。ご飯との相性も抜群です。たまには地元の方々に混じって夕食なんていかがでしょうか。

【二空眷村小館】
住所:台北市敦化北路155巷14號
TEL:02-2712-2077
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
定休日:年中無休
交通:MRT南京東路駅から徒歩約10分