旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年6月26日

花に囲まれるカフェレストラン 佳利西餐


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
店内の様子

店内の様子

ビジネスランチ

ビジネスランチ

青醤海鮮炒飯

青醤海鮮炒飯

麻油鶏

麻油鶏

 台湾には猫カフェや犬カフェがありますが、花カフェもあります。しかもその花は造花で、日によって配置が微妙に変わるという、なんともミステリーなお店です。しかもこの地で20年近くも続いているというから驚き。いったいどういうお店なのでしょうか。

 その花カフェ「佳利西餐」の王オーナーがここでお店を始めたのは今から19年前のこと。当時から趣味でやっていたフラワーアレンジメントを見たカフェのお客が、売ってくれ作ってくれと大絶賛。それならこれも仕事にしちゃおうと始めたのが15年前のお話。今では、モデルハウス、レストラン、オフィス、イベント会場などのデコレーションをやっています。また披露宴会場の生花のアレンジも手がけているそうです。ちなみに、イベントの少ない夏場以外は、カフェよりこちらの方が儲かっているのだそうです。

 そのデコレーションで使われるさまざまな造花がこの店内に飾られているのですが、その数は数え切れないとのこと。その造花に埋もれるようにテーブルが配置されています。

水果茶 佳利西餐はビジネス街にあり、看板メニューはビジネスランチ。ランチのメインは肉や魚など3~4種から選べ、毎週変わります。デザートにコーヒーもついて200元とお徳なプライスになっています。定番メニューのおすすめは青醤海鮮炒飯(190元)。これはバジルがたっぷり入ったチャーハンで、同様のパスタはありますがチャーハンはとても珍しいです。この意外な組み合わせですが、こういうのもアリと思わせるおいしさです。店名には西餐が付いていますが、台湾屋台の定番「麻油鶏(200元)」や、台湾風のローストチキンレッグ「烤鶏腿飯(180元)」などもあります。毎日通うサラリーマンのために、こんなメニューも用意されているんですね。ティータイムにはフルーツティ「水果茶(100元)」をはじめ、各種のドリンクもありますよ。

 お店で出されるメニューはオーナーとコックが話し合って決めているそうです。女性オーナーらしく、レシピには野菜を多く使うなど健康を考えたものが多くなっています。

入り口 中正紀念堂から至近距離のこのお店。日本人はまず見かけませんが、観光の合間に立ち寄ってみてください。

【佳利西餐】
住所:台北市福州街9號
電話番号:02-2321-2483
営業時間:9:00~21:00 (ランチ11:00~14:00、ディナー 17:00~21:00)
定休日:旧正月、中秋節
交通:MRT中正紀念堂駅2番出口から徒歩約5分