旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年12月17日

昔ながらのパン屋さん 双福食品


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
龍のケーキ

龍のケーキ

サンドイッチ

サンドイッチ

パイナップルケーキ

パイナップルケーキ

中華菓子

中華菓子

外観 MRT雙連駅から徒歩5分ほどの場所にある双福食品は60年以上の歴史がある老舗パン屋さん。パン・ケーキといった洋風のものから台湾のお祝い用の中華菓子や月餅などの伝統的なお菓子まで、様々なものを扱っています。

店内 地元の方が引っ切りなしにやってくる店内は、とても広く開放的。パンコーナー、ケーキコーナーとざっと分かれているのでお目当ての商品も探しやすくなっています。パンは、サラダサンド(25元)や肉デンブのパン(20元)などたくさんの種類がありますが、中でも1番の売れ筋はサンドイッチ(18元~)だそう。作っても作ってもすぐになくなってしまうほどの人気で、取材時はすでに残り数個でした。サンドイッチの中身は、ハムとチーズ、台湾風マヨネーズとシンプルですが、ふわふわできめ細かいパンの食感と具がマッチして、人気があるのも頷けるお味でした。

 店内で販売しているケーキは6号からあり、こちらも手作り(350元~)。取材時は龍の絵が描かれたケーキ(850元/10号)を見せていただきました。真ん中に盛られたフルーツを宝物のように龍が守っているといったデザインで、迫力満点。この龍のケーキは3日前の予約が必要だそうですよ。

ディスプレイ またお土産の定番パイナップルケーキは1袋18元でとても安く、しかも2個入りなのでお得感たっぷりです。台湾の方はもちろん、日本の方もよく買いにくるそう。通りに面したショーウィンドウには、ひと際目を引く中華菓子のディスプレイがあるので、これを目印に歩くとわかりやすいかもしれませんね。

【双福食品】
住所:台北市民生西路150号
電話番号:(02)2556-3549
営業時間: 8:30~23:00
定休日:農暦8月16日
交通:MRT雙連駅から徒歩約5分