旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年8月7日

MATVムービーアジア 日本上陸初記者発表会


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
左よりウーズン、シャリーン、ケリー、ジジ、シャオ
日本語で「こんにちは!」とウーズン
空港で荷物紛失、私服姿のケリー

 テレビをつけると飛輪海が、F4が、ジェイが微笑んでいる。そんな時代が日本にも到来!中華圏の映画&ドラマ専門チャンネル“MATVムービーアジア”がついに開局。記者会見には飛輪海のウーズンも登場しました。

 ファンとしてはお目当ての芸能人、アーチストの出演作は、マメにフォローしたいもの。しかし台湾、香港をはじめとする中華圏の映画、ドラマで、日本で放送されるものはごくごく一部。現地でDVDを買っても日本のプレイヤーでは再生できなかったり、仮にできても日本語字幕がないのでちんぷんかんぷん・・・そんな環境に、涙を呑んだ方も多いのではないでしょうか。

亜太メディア代表 スタンリー・トゥ氏 そこにさっそうと現れた“MATVムービーアジア”は、香港最大の映画会社、美亜エンターテイメントグループがバックアップする、中華圏の映画&ドラマ専門のエンターテイメントチャンネル。3月28日よりCSデジタル放送『スカイパーフェクトTV』Ch785で日本でのサービスをスタートしたのですが、24時間放送の全番組に日本語字幕がついているというのがうれしい限り。毎月30作品以上の初出映画と、TVドラマシリーズを放送しています。特に映画は600本以上の配給権を所有しているそうで、最新作はもちろん、懐かしの名作も楽しめるんですよ。

「武侠梁祝」のワンシーン 美亜エンターテイメントグループでは、今後5年間で100本の新作映画に投資制作する計画もあり、今回の記者会見にも香港のトップスター、ケリー・チャン(陳 慧琳)、ジジ(梁詠琪)、Twinsのシャーリン・チョイ(蔡卓妍)、中国の俳優シャオ・ピン(邵兵)、そして台湾からは台湾観光のイメージキャラクターにも任命された、飛輪海のウーズン(呉尊)が参加。開局祝いと日本の視聴者へのメッセージを披露しました。ウーズンは中国版ロミオとジュリエットと言われる古典物語「梁祝」をベースにした武侠古典ラブストーリー「武侠梁祝/BUTTERFLY LOVERS」で映画主演デビューを果たしたばかりだそうで、日本での1日でも早い放送が待たれますね。

【MATVムービーアジア 日本上陸初記者発表会】
開催日時:2008年7月28日(終了しました)
会場:グランドハイアット東京
MATVムービーアジア:http://www.matv.jp/