旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年3月26日

鶏精ってなに? 白蘭氏健康博物館


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
鶏精白蘭氏健康博物館外観白蘭氏健康博物館製造工場

 皆さん鶏精をご存知でしょうか。調味料としても使える鶏エキスの健康ドリンクなのですが、台湾では白蘭氏というメーカーの鶏精が有名。そしてこのドリンクの製造工場も見学できるのが白蘭氏健康博物館です。

 鶏精は、19世紀初頭にイギリスの王室シェフが、国王の健康を考慮し濃縮したチキンスープ作ったのが始まり。新陳代謝を促進し、疲労回復や目の疲れにも効果があります。プレーン味は、濃いスープのような味で、料理の隠し味としても使えるそうです。台湾では徹夜続きの社会人や入試を控えた受験生などが飲むことが多いようです。
 白蘭氏では、自社の養鶏所で育てた鶏のみを使用し、商品を製造しているそうです。今ではプレーンに加え、子供向けにイチゴ・チョコレート味の鶏精を販売している他、漢方入りの白蘭氏冬蟲夏草鶏精など10種類近くのテイストがあります。大手スーパーやコンビニで購入することができますので、機会があればぜひお試しください。

白蘭氏健康博物館製造工場 約170年の歴史を誇る企業、白蘭氏が運営する白蘭氏健康博物館があるのは、鹿港の中心部から少し離れた工業エリア。より多くの人に自社商品の鶏精を知ってもらいたいと2003年11月に正式にオープンしました。
 館内には鶏精の製造工場が見学できるスペースや、ゲーム感覚で健康チェックができる施設などが揃っています。ガイドさんの案内(中国語か英語)がつき、1時間〜1時間半ほどで全体をまわることができます。参観を希望する方は、事前に申込みをしなければなりませんのでご注意くださいね。
 鶏精工場は製造部と包装部に分かれており、毎日約10万瓶が製造されているそうです。出荷前には機械と人間とで計3度のチェックが行われるのだとか。さすが台湾市場シェア80%を占めるメーカー。製造過程を公開してしまうところにも自社商品への自信が感じられます。

白蘭氏健康博物館内 白蘭氏健康博物館の場所は工場が並ぶ工業エリアにあるため、少々不便。取材の際は、鹿港中山路のにぎやかなエリアからタクシーで行ったのですが、空車のタクシーがなかなか捕まらず苦労しました。博物館へ行かれる際には、台鉄彰化駅などからタクシーを利用するのが一番確実かと思います。

【白蘭氏健康博物館】
住所:彰化県鹿港鎮彰濱工業区鹿工区18号
参観予約電話番号:(04)781-0077(中国語・英語)
開館時間:火-土:9:00〜16:00
休館日:日曜日、祝日
入館料:無料(但し要事前予約)
交通:台鉄彰化駅から車で約30分
HP:http://www.brands.com.tw/museum/