旅々台北.com
台北日和

2007年4月19日

可愛い朝ごはん屋さん BUS EGGS CAKE HOUSE

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 半分にカットされたフォルクスワーゲンのマイクロバスの後ろでは、鉄板で何かを焼いてる人達が・・・こちらBUS EGGS CAKE HOUSE(BUS蛋餅坊)は個性的なディスプレイの店内で、ちょっと変わった蛋餅が食べられるお店です。

 BUS EGGS CAKE HOUSEがあるのは美麗華百樂園からさらに車で5分ほどのところ。台北市の端っこに位置したのんびりムードの町で、すぐそばには京劇俳優などを育成する國立台灣戲曲專科學校もあります。

 店長謝さんがお店を始めたのは15年ほど前。当時は普通の朝ごはん屋だったのですが、お客様の要望を取り入れていくうちにオリジナル蛋餅を作るようになったそうです。そして店内もいつの間にか謝さんの趣味であるサーフィンや車、バイクのディスプレイが増えていき、今では調理場にアレンジしたイギリス車ミニをはめ込み、サーフィンボードにメニューをプリントして壁に掛け、ちょっとしたスペースにはBMWイセッタ300や蓄音機を置くなど、多くの台湾風朝ごはん屋さんとは大きく違いポップな雰囲気となっています。さらにはテーブル上のお箸たてにはエンジンオイルの缶が使われていました。

 さて、肝心のメニューですが、お店の人気はなんといっても蛋餅。チーズ入り、ベーコン入り、コーン入り(各35元)など5種類のオリジナル蛋餅が楽しめます。一般の蛋餅はもちもちした小麦粉製の皮にネギ入り薄焼き卵をあわせたものですが、こちらではチーズやベーコンなどもプラスして伝統と現代をドッキング。皮は中国北部風のものでサクサクしていて、脂っこくないのが嬉しいところです。
 その他には台湾風朝ごはんの定番、大根餅(25元)や肉まん(10元)などもありました。 まろやかな豆乳(15元)や豆乳スープ(20元)などの飲み物類は、毎朝3時半に起きてその日出す分だけ作っているため、10時頃には売り切れ商品も出てきます。この日は10時半頃お店にうかがったのですが、この時豆乳スープはもう完売でした。

 平日は9時頃までは、休日は10時過ぎまで行列が絶えないというこのお店。台湾のマスコミが放っておくはずはありません。以前台湾の雑誌で紹介されたところ、お店の前に大行列ができてしまい、これでは常連のお客様に申し訳ないということで、今では基本的に取材はお断りしているそうです。地元の人のみぞ知るオリジナル蛋餅の店、BUS EGGS CAKE HOUSEで朝ごはんを食べてみませんか。

【BUS EGGS CAKE HOUSE(BUS蛋餅坊)】
住所:台北市内湖路2段193号
電話番号:(02)27900212
営業時間:6:00〜11:30
定休日:日曜日、月曜日
交通:MRT文徳駅から徒歩約10分

[バックナンバー]