旅々台北.com
台北日和

2007年3月27日

シティージャングル内に総合アミューズメント施設が

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 台北観光を代表する士林夜市、中心となるエリアはお馴染みの美食街と、基河路とMRT淡水線に平行して伸びている文林路の周辺です。そのエリア内を代表する施設といえば、先ほどの美食街と今回とりあげるシティージャングルです。

 美食街から徒歩数分の目と鼻の先にあるシティージャングルは、建物内に小さな店舗がひしめく屋内版夜市といった感じです。服飾品にペットショップ、ゲーム機に占い師の集まる占い街など、実に様々な種類のお店が並んでいます。1Fが主にそういったお店のひしめくエリアで、以前は地下1Fと2Fにはゴーカートや射撃場があったのですが、昨年(2006年)それぞれ閉鎖し空きになっていました。

 地下に新たに入った施設は、2006年末から営業を開始した「E7PLAY」という、数種類のアミューズメント施設が一堂に会したもの。海賊がお店のメインテーマとなっており、それぞれの施設名も海賊にちなんだ名前の付け方になっています。「歡樂競技港」と名づけられた地下1階部分には、トイガンで遊べるエリア、ロデオゲーム、全周バンパーで囲まれた小さな車で遊ぶバンパーカー、ダーツ、漫画や雑誌が読めるスペース、マッサージチェアー、そして地下2階部分は、ボーリング場とビリヤード場があり、様々な種類の遊びのみならず休憩までできてしまうという、まさに長時間遊んで過ごせてしまう場所になっています。ちなみに、地下1階では、現金の代わりに「海盗代幣」というゲームセンターのコインのようなものを使って支払うようです(200元/25枚、300元/40枚)。

 営業時間は、PM12:00〜AM6:00となっていますので、夜市が閉まったあとで、まだまだ遊び足りない、という方は一度覗いて見るといいかもしれません。

【E7Play 幻多奇競技島】
住所:台北市基河路15號B1〜B2(シティージャングル内)
営業時間:PM12:00〜AM6:00
電話:(02)6610-1177
交通:MRT劍潭駅から、徒歩約5分
HP:http://www.e7play.com.tw/

[バックナンバー]