旅々台北.com
台北日和

2006年11月15日

ロハスなアイテムはいかが? 阿爾卑斯花園 香氛居家(La Maison)

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 ロハスな暮らしが流行中の台北で、「毎日の生活をシンプルに気持ちよく過ごしたいの」というオーナーのポリシーが伝わってくるショップを発見。ヨーロッパの雑貨が充実していますよ。

 そのお店、「La Maison」があるのは、観光客のメッカ永康街。オーナーはスイスハーブティーの「阿爾卑斯花園 瑞士茶館」も経営する魏さんで、長年暮らしたスイスで実感した、シンプルかつ上質なゆとりあるライフスタイルを紹介したいとお店をオープンさせたそう。店内にはフランスやドイツなどから取り寄せたキャンドルやリネン、食器やカトラリーなどがディスプレイされ、ヨーロッパのお家に招待されたような雰囲気。 天然素材にこだわった衣類やバッグなどは、パラスパレスなどの日本メーカーのものに交じり、オリジナルデザインのものも並びます。

 いずれの商品もデザイン性はもとより実用性が高いのが特徴で、一度使うとリピーターになる方が多いんだとか。特にエッセンシャルオイルやソープ、ラベンダーの香りのリネンウォーターといったフレグランス系の充実度はピカ一で、遠くからわざわざ足を運ぶ欧米人のお客様もいらっしゃるそうですよ。またオリジナルデザインの服も人気で、コットンやリネンなどの天然素材だけを使った肌触りの良さが好評です。リネンのフレアスカート(2,680元)にふんわりとしたスモックチュニックなど、着まわしやすいところもポイント。同じく天然素材のオリジナルバッグ(1,180元〜1,580元)も合わせたいところです。

 品揃えは季節や入荷具合によって変わりますが、取材日はラベンダーの最後の季節ということで、ドライラベンダー(1束280元)やソープといったラベンダーものがたくさんありましたよ。11月中旬からは、クリスマスに向けて、冬物やドイツの木製人形といった雑貨類が多くなってくるのだとか。行くたびに「ロハスなシンプルライフってこうなのね」と気付かせてくれる「La Maison」、これからも目が離せませんね。

【La Maison 香氛居家】
住所:台北市永康街31巷12弄1號
電話:(02)2357-0887
営業時間:(火〜金)14:00-22:00、(土日)12:00-22:00
定休日:月曜日
HP: http://tw.alpengarden.com/ 
交通:MRT中正紀念堂駅から徒歩約20分(タクシー推奨)

[バックナンバー]