旅々台北.com
台北日和 2005年8月10日
台湾ハンバーガー 石家割包

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 ハンバーガー好きのあなた、ぜひ一度台湾ハンバーガーを召し上がれ。ぷりんぷりんの豚肉に、パリパリの歯ざわりのザーサイ、ほの甘いピーナッツパウダーと香菜がえもいわれぬハーモニーを奏でる、これが台湾ハンバーガーこと「割包」なんです!

 え、ハンバーガーぁ?とあなどってはいけません。一度食べると、その奥深い味わいにきっと目からウロコになることうけあいです。割包店は数あれど、本日ご紹介する「石家割包」は、割包を作り続けて50年あまりの老舗。コンパクトかつにぎやかな夜市、臨江街夜市(旧通化夜市)にある有名店で、いつでも満員御礼状態。最近はその忙しさから基本的に取材拒否とのことですが、今回は特別に許可をいただいちゃいました。

 台湾へ来て豚肉の美味しさに驚く人が多いようですが、それもそのはず、豚は昔から中華民族に一番愛されているお肉なんです。「石家割包」では秘伝のつけダレでじっくりと煮込んだ豚肉を使用した「●肉」と、脂部分の少ないヘルシー嗜好の方向けの「赤肉」、その2つをミックスした「総合」の3種類の割包(40元)をご用意。どれも大ぶりに切ってあり、噛むごとに豚肉の濃厚な味わいがじわりと口に広がります。ぷりっぷりの歯ごたえはたっぷりのコラーゲンを証明しており、食べ終わるとすぐにお肌がつるつるになった気分に。店頭の蒸し器で湯気を上げている包子は、ふわふわのツヤツヤ。これだけでもかみ締めるほどに小麦の美味しさが味わえるという逸品です。

 こってりとした味わいの豚肉に、パリパリザーサイの歯ざわりがアクセントになり、そこに絶妙の割合ではさまれた香菜とピーナッツパウダーが奥行きの深い味わいをかもし出しています。香菜嫌いの方には申し訳ありませんが、やはり、この豚肉、ザーサイ、ピーナッツ、香菜のハーモニーは4つそろってこその台湾の味。見事なまでのハーモニーに一気に虜になってしまうかも。またスルメや貝柱といったシーフードから、タケノコにセロリ、シイタケなど8種の具がたっぷりと入った旨み凝縮スープ「八寶湯:45元」も人気メニュー。割包に添えてぜひどうぞ!

※●は火へんに空の字

【台湾ハンバーガー 石家割包】
住所:台北市臨江街104號
電話:(02)2738-1773
営業時間:10:00-02:00
定休日:なし
交通:MRT大安站またはMRT市政府駅から車で約10分

[バックナンバー]